FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

10日、大阪の森ノ宮医療大学で、廣橋先生にお会いし、音声の一部再録をし、少し打ち合わせをして、徳島へ。徳島大学で夜10時から特集のための座談会。

「機能回復」をテーマに、まず荒木秀夫先生に問題提起、話題提供としてレクチャーしていただき、その後ディスカッション。

メンバーは理学療法士の鶯さん、中国武術のハンさん、音楽と脳の研究をされている近久さん、心理カウンセリングの早渕さん。みなさん荒木ゼミにいた人たち。コオーディネーションで共通している。

座談会はこんな感じ。
座談会


12時半まで行いました。とても面白い内容です。編集はたいへんかも。16日入稿なので、あまり時間はありません。でも、がんばりましょう。

そのあと、みなさんは帰宅。荒木先生とお話ししていたら、長くなり、結局4時半まで話し込んでしまいました。

ホテルに帰ったら、もう空が白んできました。さあ、がんばって、やりますか。(清家輝文)
スポンサーサイト