FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


10日、大阪の森ノ宮医療大学で、廣橋先生にお会いし、音声の一部再録をし、少し打ち合わせをして、徳島へ。徳島大学で夜10時から特集のための座談会。

「機能回復」をテーマに、まず荒木秀夫先生に問題提起、話題提供としてレクチャーしていただき、その後ディスカッション。

メンバーは理学療法士の鶯さん、中国武術のハンさん、音楽と脳の研究をされている近久さん、心理カウンセリングの早渕さん。みなさん荒木ゼミにいた人たち。コオーディネーションで共通している。

座談会はこんな感じ。
座談会


12時半まで行いました。とても面白い内容です。編集はたいへんかも。16日入稿なので、あまり時間はありません。でも、がんばりましょう。

そのあと、みなさんは帰宅。荒木先生とお話ししていたら、長くなり、結局4時半まで話し込んでしまいました。

ホテルに帰ったら、もう空が白んできました。さあ、がんばって、やりますか。(清家輝文)
スポンサーサイト