FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

以前にもお知らせし、好評だった、㈱ウエルレックス主催のレッドコードを使ったコアトレーニングセミナーが開催されます。

タイトルは
「スポーツ選手のための アスリートコンディショニング&ファンクショナルトレーニング【ベーシックコース】――レッドコードを使用したアプローチメソッド」

ちょっと長いタイトルですが、前回と異なるのは、前回がレッドコードの体験会でしたが、
今回は、実際に指導するためのベーシックコースの研修会です。
このベーシックコースを受講すると、ご自身の指導されているスポーツ選手の方、一般の方にレッドコードも用いた指導を行うことができるそうです。

講師は、前回と同様、大田幸作先生(理学療法士、スリング・エクササイズ・セラピー国際インストラクター)です。
今回のベーシックコースでは、基本的なトレーニング理論として、神経―筋機能(プロプリオセプティプ)、ストレングス(CKC、OKC理論)、ローカルマッスル・グローバルマッスル等を理解し、レッドコードトレーナーの使用方法、ロープの軌跡が身体に及ぼす作用、基本的なエクササイズやコンディショニングへの利用法を修得します。
なおベーシックコースを修了者には、㈱ウェルレックスより、修了証が発行されるとのことです。
パフォーマンスアップにつながる、勝つためのコアトレーニングをこの機会に学んでみませんか?

DSC_0067 ブログ用【開催概要】
開催日/2008年8月2日(土)
主催/株式会社ウェルレックス
会場/フィジオセンター(東京都虎ノ門3-7-14 AMビル3F TEL.03-6402-7755)
時間/午前9時30分(受付)、午前10時~午後6時
対象/スポーツ選手を指導されている方、選手、スポーツ選手に携わるアスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、PT、柔道整復師ほか
受講料/20,000円(テキスト代含む)
定員/20名(要予約、定員になり次第締切)
申し込み&問い合わせ/株式会社ウェルレックス 担当:黒岡、殿村
〒272-0823 千葉県市川市東菅野1-2-12
TEL.047-710-0012 FAX.047-710-0009
E-mail:info@well-lex.co.jp
スポンサーサイト



かねてお知らせのDVD「変形性股関節症の運動療法」(解説・指導/廣橋賢次先生)がいよいよ完成します。写真はそのパッケージ。
P1000001.jpg

約30分で、「解説編」と「運動編」からなります。価格は2100円(税込み)。8月上旬発売の予定。本誌の特集を中心に映像化していきます。価格も手ごろにおさえての販売です。本誌と併せてご覧いただくと一層わかりやすいと思います。

運動をはじめ動きがあるものは、写真やイラストだけでは十分わからないことがあり、それを補う意味でも映像化が必要と考えてきました。今後も続々と出す予定ですので、ご期待ください。

明日は、本誌103号「特集 機能回復-コオーディネーションの視点から」が発売になります。

22日に「第25回アスリートのためのライフスキルプログラム研究会」を東工大で開催、23日には、その研究会の分科会的集まりで、新たなプロジェクトの相談をしました。これについても、徐々にこの公式ブログおよび本誌にて報じていく予定です。

暑い日が続きます。熱中症に留意して、元気に過ごしましょう!(清家輝文