FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

第34回日本整形外科スポーツ医学会学術集会で開かれたハンズオンセミナーは「スポーツ現場に役立てる整形外科超音波診断の実際」。

会場は超満員で立ち見も出るほどだった。それだけでは十分ではないので、何回かデモンストレーションも行われた。

写真は、そのデモで解説される高橋周先生(気仙沼市立病院整形外科)。DSC_0665-2.jpg

超音波による整形外科的診断は、すぐにできる、被爆がない、動かしてもわかる、骨の下は別として、筋、腱、靭帯、軟骨、神経などまでわかるといった利点がある。へえ、そこまでわかるかと驚いた。これからどんどん使われるのではないだろうか。

これについては、本誌でもなんらかのかたちで紹介していきたい。決まったら、またお知らせします。(清家輝文)
スポンサーサイト