FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日は、夕方から、本誌の新連載の打ち合わせで、京橋へ。
おうかがいしたのは、以前取材させていただいた「スポーツ法政策研究会」の事務局である、京橋弁護士事務所。
弁護士事務所に入ったのは、生涯初めてのことだったので、少々緊張ぎみに事務所のドアを開いた。
とはいえ、白井先生も片岡先生も一度お会いしているので、終始なごやかな雰囲気で、スポーツ界のさまざまな問題などを話しながら、今後の連載について相談させていただいた。

連載開始の時期や内容の詳細については、打ち合わせを重ねることとなるが、決定次第、またこのブログで紹介しますので、お楽しみに。

ところで、みなさんはスポーツと法について、どのようなことに関心を持っておられるだろうか?
「こんなことがあったけど、これは責任問題としてどうなの?」とか「スポーツに関するさまざまな契約について知りたい」とか、みなさんの知りたい問題など、右欄のメールから編集部までお寄せ下さい。
みなさんの身近な問題なども、弁護士の先生方に可能な範囲で、ご回答いただければと思っております。

これからの、新連載、是非ご期待下さい。

写真は、打ち合わせ後に、東京駅八重洲口まで歩いて帰ったときに撮影。
雲行きが怪しかったですが、なんとか雨にならなかったですね。
出かけるときに、傘を持っていくかどうか、最近は悩みます (^_^;) (田口久美子)

東京駅
スポンサーサイト