FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

来月出る104号の特集は、「疲労骨折」。マラソンの土佐礼子選手も、外反母趾というより疲労骨折が原因だったと報じられています。

疲労骨折はスポーツ障害の典型的なもののひとつと言えそうです。同じ箇所にメカニカルストレスが何度も加わり、骨折が生じる。治癒しても再発しやすい。どう対応するべきか。

また、まさかと思っていたのが、疲労骨折ということもありそう。

次号の特集では、そうした疲労骨折について、取材してまとめる予定です。

お楽しみに。(清家輝文)
スポンサーサイト