FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日は、東海地方、関東地方と、ゲリラ豪雨で甚大な被害が生じ、みなさん大丈夫でしたでしょうか?また、大変な被害に遭われた方々のお悔やみ申し上げます。

編集長の清家も、関西方面に出張に出ており、なんとかゲリラ豪雨を潜り抜け取材を進めているようです。
そんなわけで、昨日は、編集部は不在で、ブログの更新ができませんでしたが、今日は、次号104号の好評連載「JATACのトレーナー実践活動」の原稿が届きましたので、次号予告です。

今回の内容は「JATAC(NAGANO)中体連活動の経緯と活動報告」というタイトルで、JATAC(NAGANO)顧問の原 和正氏にご執筆いただいております。SA3B0124.jpg
JATACは、これまで紹介してきたように、地域のスポーツ活動のコンディショニングサポートを行っていますが、今号では、中体連での活動に至るまでの経緯や活動内容、またサポートを行ってみてスポーツ障害の実態、また今後の課題など紹介されています。

以前、ある大学で指導するコーチの方と話をしていて、「大学に来る前に何らかのスポーツ障害を引きずったまま競技を続けている選手が非常に多い。ケガの治療も十分にしないまま、大学で悪化して競技を続けられない選手もいる。中学・高校の間でしっかりケガを治してほしい」という話を聞いたことがある。

今回の原先生の原稿のなか「優秀選手はケガや障害をいかに未然に防ぐかの努力を怠っていないことがうかがえた」とご執筆されている。

是非、ご期待下さい。(田口久美子)
スポンサーサイト