FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今日は、パブリティに関する打ち合わせ。

雑誌に掲載する広告は、近年どんどん少なくなり、インターネットに追い越されるのは確実視されている。商品を掲載したいわゆる純広は、読者が反応しないと言われている。「なんだ広告か」という感じ。

それに対して、読みやすい記事になっているものは、閲覧率が高く、そちらに移行することになる。これも無料と有料とがあるが、純広が減少した分、代理店を通じて、無料パブリシティの記事がファックスで毎日送られてくる。新商品紹介記事はだいたいこのへんから始まるものが多い。

有料のものは、それなりの手間暇をかけて作成する。「読んでもらえなければ、意味がない」ので、それだけ努力が必要になる。

本誌に掲載する有料パブリシティについては、編集部としても「これは読者に紹介したい」というものである。読者にとっても、企業にとっても、編集部にとっても有益なもの、そういう発想で企画している。

企業が有する情報量は膨大である。われわれも非常に参考になることが多い。これからは、スポーツメディスンという領域に関わる企業の方と協働で、この世界を盛り上げていきたい。

情報産業の枠組みが変わっていく時代、メディアの役割もだんだん変わってくると思う。新鮮で柔軟なアタマを持ち続けないといけないと思う。(清家輝文)
スポンサーサイト