FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


104号の特集は「疲労骨折」をテーマに、駿河台日本大学病院の斎藤明義先生、(財)スポーツ医・科学研究所の亀山泰先生、東京農業大学の川野因先生、そして神奈川大学のトレーナー、松永道敬氏の4人に取材。多くの写真や図とともに構成します。

現在、原稿を完成させている最中。いずれもたいへん興味深い内容です。

疲労骨折は、成長期に多く、下肢に発症することが多いのですが、中年にも、上肢にも起こります。現場での体制が一番大事なのですが、それゆえにむずかしい問題でもあるわけです。

スポーツに関わる人はみな知っておくべき疾患で、とくに長距離など比較的起こりやすい競技の人はこの疾患に敏感でなければいけないと言えます。

新しい治療法も出てきていますが、やはり早期に適切に対応するのが一番。詳しくは、この号の特集をぜひご覧ください。(清家輝文)

スポンサーサイト