FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

104号の特集は「疲労骨折」をテーマに、駿河台日本大学病院の斎藤明義先生、(財)スポーツ医・科学研究所の亀山泰先生、東京農業大学の川野因先生、そして神奈川大学のトレーナー、松永道敬氏の4人に取材。多くの写真や図とともに構成します。

現在、原稿を完成させている最中。いずれもたいへん興味深い内容です。

疲労骨折は、成長期に多く、下肢に発症することが多いのですが、中年にも、上肢にも起こります。現場での体制が一番大事なのですが、それゆえにむずかしい問題でもあるわけです。

スポーツに関わる人はみな知っておくべき疾患で、とくに長距離など比較的起こりやすい競技の人はこの疾患に敏感でなければいけないと言えます。

新しい治療法も出てきていますが、やはり早期に適切に対応するのが一番。詳しくは、この号の特集をぜひご覧ください。(清家輝文)

スポンサーサイト