FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、午後6時半から東大・本郷で「心身一体科学研究会」。跡見先生から、矢田部さんが講師でくるからと案内をいただいたので、行ってみた。

矢田部英正さんについては、ちょっと前にその作品の展示会のお知らせを掲載したが、今回は、姿勢(とくに坐位)と椅子、また身体技法などについて語っていただき、自作の椅子ももってきていただき、みなさん試しに坐ってもらった。坐り心地がよいので、ずっと坐っている人もいた。

その矢田部さんの話で、運動レベルを成熟させていく過程と、思考を成熟させていく過程とが似ているというような指摘があった。矢田部さんは元体操選手でもあり、茶道も行い、服飾や履物、民具の研究もされている。

からだをとおして考えるということはよく言われるが、動きの精錬に伴い、思考も精錬されてくる。そういうことはあるだろうと思う。3時間におよぶ会になったが、自由に話すことができ、楽しい一夜であった。(清家輝文)

写真は、矢田部さん(左から3人目、上下黒のウエア)のつくった椅子に坐って試しているメンバー
DSC_0087.jpg
スポンサーサイト