FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今、特集「疲労骨折」の編集真っ最中。

(財)スポーツ医・科学研究所の亀山泰先生には主に上肢の疲労骨折を紹介していただいた。わかりにくいものもあり、疲労骨折はいたるところに起こりうるものだとわかる。

診断名は、次のようなものになる。肘頭疲労骨折、尺骨骨幹部疲労骨折、有鉤骨鉤(疲労)骨折、第1肋骨疲労骨折、第2中手骨疲労骨折、鎖骨疲労骨折、橈骨骨幹部疲労骨折。

はっきり疲労骨折とは言えないものもあるが、スポーツをする人、その周辺の人は、この疾患を頭に入れておかなければいけないということになる。

もうすぐ終わりますが、まだ本当の山はこれからです。(清家輝文)

写真はその亀山先生
DR亀山2

スポンサーサイト