FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今、特集「疲労骨折」の編集真っ最中。

(財)スポーツ医・科学研究所の亀山泰先生には主に上肢の疲労骨折を紹介していただいた。わかりにくいものもあり、疲労骨折はいたるところに起こりうるものだとわかる。

診断名は、次のようなものになる。肘頭疲労骨折、尺骨骨幹部疲労骨折、有鉤骨鉤(疲労)骨折、第1肋骨疲労骨折、第2中手骨疲労骨折、鎖骨疲労骨折、橈骨骨幹部疲労骨折。

はっきり疲労骨折とは言えないものもあるが、スポーツをする人、その周辺の人は、この疾患を頭に入れておかなければいけないということになる。

もうすぐ終わりますが、まだ本当の山はこれからです。(清家輝文)

写真はその亀山先生
DR亀山2

スポンサーサイト