FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

時々、編集について何人かの前でお話しすることがある。本当に基礎的なことで、多くの人は知っていることかもしれない。

編集という作業は、それを職業にしていなくても、日常多数の人が経験している。文書一枚作成するのも編集だし、パワーポイントでプレゼンテーションしたり、講演したりするときはもう完全に編集作業をしていることになる。

また、学内や企業内で冊子や報告書などをまとめ、印刷して配布するとなると、編集そのものということになる。

このように、日々編集という作業を行っているのだが、意外に編集していると思っていない人もいる。よく「宴会部長」と言われる人がいるが、あれは宴会を編集しているとも言える。

そういう編集もあるが、ここでは、まとまりがつかなくなるので、雑誌、冊子、本の編集ということに限定しよう。ビデオやDVDの編集もあるが、対象は印刷物としておく。

〔見えから入る〕
1ページものでも100ページものでも、まず見えから入るとやりやすい。本や雑誌であれば、大きさ(判型という)、ページ数が基本になる。たとえば「A4で○ページ」ということになる。

さらには、紙や1色かカラーか(通常4色)、綴じ(中綴じ⇒週刊誌のようにホチキスで真ん中をとめて綴じる。したがって背がない。平綴じ⇒紙を積み重ねて背をなんらかの方法で固め表紙をつける。背がある)、など体裁を決める。いきなりゼロから考えないで、「こんな感じ」という見本を用意するのがいい。既存の雑誌や本で、こういうのがいいというのを用意する。「だいたいこうなんだけれど、紙はもっと別のザラザラ(ツルツル)したのがいい」とイメージが違っているところは口頭でもだいたいわかる。

あとはページ数だが、基本的には16の倍数になる。大きな用紙を3回折ってそれを1折とか1台と呼ぶ。3回折ると16ページになる(1回折ると4ページ、2回折ると8ページ、3回折ると16ページ)。その倍数が経済的。したがって、さっき100ページといったが、実際には96ページ(16×6)がもっとも近い数になる。どうしようもないときは、±8ページで考える。その枠に納めていくことになる。

「その枠」というのが「台割進行表」と呼ばれるもの。次回はこれについて。(清家輝文)
スポンサーサイト



今日は、巣鴨にある東京スイミングセンターに行き、平井伯昌コーチと第7回シスメックススポーツサイエンスセミナーに関する打ち合わせ。

平井コーチには、以前青柳徹コーチ(スピードスケート)との対談で、編集部の田口が面識があり、交渉はオリンピック後ということで時間がかかったが、お忙しいなか受けていただいた。

同セミナーは12月6日(土)、午後1時から神戸芸術センター2階「芸術劇場」で開催される。まだホームページからの参加申し込みは始まっていないが、来月から受付の予定。そのころまた案内を掲載させていただくが、三重大学准教授の杉田正明先生、水泳やバレーボールでオリンピック選手の栄養指導に携わった川端理香先生、そして平井コーチの講演とみなさんでのディスカッションからなる。

東京スイミングセンターからは、北京オリンピックで北島康介選手の金メダル2個(リレーでも銅メダル)、中村礼子選手の銅メダル、そして上田春佳選手の日本記録が生まれている。

センター玄関にも写真のようにのぼりがたくさん。
東京SC

平井コーチはきさくで飾らない人だった。12月6日、ディスカッションの進行役を務めることになっているので、今から楽しみである。入場は無料なので、お近くの人はぜひご参加いただきたい。(清家輝文)
DVD『変形性股関節症の運動療法』を、都内店舗でお取り扱いいただけるようになりました。
都内でお取り扱いいただいている書店を紹介します。

ジュンク堂池袋店    東京都豊島区南池袋2-15-5 
                 TEL.03-5956-6111
                   2F実用書コーナーおよび6F医学書コーナー

ジュンク堂新宿店    東京都新宿区新宿3-29-1 新宿三越アルコット8F  
                 TEL.03-5363-1300
                 8F実用書コーナー

八重洲ブックセンター  東京都中央区八重洲2-5-1
                 TEL.03-3281-8200
                 B1F 実用書コーナー

紀伊國屋書店本店   東京都新宿区新宿3-17-7
                 TEL 03-3354-0131
                 6F実用書コーナー(9月22日(月)より)

医道の日本社       東京都新宿区新宿2-1-11 御苑スカイビル
                 TEL.03-3341-3470

上記、書店以外にもお取り扱いいただける書店が決定しましたら、随時紹介させていただきます。
是非、今すぐに欲しいという方は、お立ち寄り下さい。

※なお、各店舗とも在庫に限りがございますので、ご来店の前に必ず商品の在庫をご確認のうえ、ご来店下さい。

(田口久美子)