FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

本誌104号、本日発売です。
P1000022.jpg

特集は、「疲労骨折」。斎藤明義先生、亀山泰先生の二人のドクターに多くの症例を紹介していただきました。また松永道敬トレーナーには、疲労骨折から復帰までのケアとトレーニングについて、川野因先生には大事な食事のとり方について解説していただきました。加工食品を多く摂っていると、カルシウム不足になるという大事な指摘などがあります。

写真は、亀山先生が上肢の疲労骨折について、多数の症例を挙げて注意を促しているページです。
P1000021.jpg

また、今月号から新連載「スポーツに役立てる超音波画像診断」が始まりました。12人の先生に執筆していただきます。初回は皆川洋至先生による序論「超音波の時代がやってきた!」。下の写真のように実際の画像を豊富に入れてあります。カラーで示したのは、血流の有無を確認、炎症評価をしているものと、組織弾性を色別にみることができるもの。
P1000020.jpg

その他多数の記事を満載。アスリートのためのライフスキルプログラム研究会の連載もスタートしました。ぜひ、お求めください。(清家輝文)

スポンサーサイト