FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

さて、3回目は、ページの組み方。

まず、主たる記事をどうするか。縦書きか、横書きか。今では、特にサイエンスや医学などでは横書きが主流だと思いますが、横書きでも1段組か2段組か、はたまた3段組かという選択があります。

横書きの場合、あまり長いと読みにくくなります。30字か32字くらいが読みやすいところです。もちろん、字の大きさや書体にもよりますが。

また、見出しの大きさやデザインなども重要です。

主たる記事は1段か2段にしておくと、ある程度大きな文字が使えます。コラムや小さな記事は、3段あるいは4段でもよいのではないでしょうか。

こうして組み方は2~3種類くらいあると紙面にバリエーションが生まれ、適当な変化が生じます。

記事の内容で、デザインも変化させると楽しいページになります。

ここまでくると、雑誌の場合は、「容れモノ」ができたということになります。あとは、何を入れていくか。ちょうどお弁当をつくる感覚で、ご飯はここ、おかずは何何、フルーツもつけて、ふりかけもというように、見栄えを考え、内容(コンテンツ)を考えることになります。

大小、前後などを考えていくのですが、このときサムネールスケッチというか、ラフなレイアウト用紙を作ります。見開き単位で四角を描き、中央に線を引けば、2ページ分になります。これをページ分並べればよいわけです。その上か下かにページ数(ノンブルといいます)を打ちます。

この用紙があれば、全体の見えがわかることになります。これはデザイナーに渡し、原稿や写真類をつければ、デザイナーはこのラフにしたがってレイアウトしてくれることになります。(このへんの作業は編集部によって異なる点がありますが、印刷所に渡してお願いするときも、こうするとわかりやすくなります)。

本当はもっと細かい作業もありますが、大体の流れはこのようになります。(清家輝文)
スポンサーサイト



9月27日(土)に、法政大学市ケ谷キャンパスにて、法政大学スポーツ健康学部開設記念シンポジウムが開催されました。

法政大学多摩キャンパス(東京都町田市相原町4342)に拠点をおき、来年の4月予定で、スポーツ健康学部(仮称:設置認可申請中)が開設されるようです。

具体的な内容を含め、当日のシンポジウムの様子は、本誌No.105にて紹介します。

ということで、法政大学市ケ谷キャンパスの一角にそびえたつ、ボアソナード・タワー。
JR沿線に、そびえ建つ法政大学は遠くから目にしていたものの、実際に訪れたことは初めて。

JR、地下鉄市ケ谷駅または飯田橋駅徒歩10分という位置にあり、線路際の散歩道を隔ててに建っているので、目にしている人も多いかと思います。
26階建てのビルです。
当日のシンポジウムも、このボアソナード・タワーの26階のスカイホールで開催されました。
大学というよりも、会社のようです。

法政大学たて法政大学風景

そして、26階からのながめ。

はるか遠くに新宿のビル群がみえます。

高層ビルのような大学はいくつかありますが、どこの大学が一番高層なんでしょう?
“うちの大学こそは……”という情報がありましたら、画像とともに編集部までメールフォームから送って下さい。(田口久美子)