FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今日、超音波画像診断の連載の中心的役割を担っていただいている皆川先生(写真、オレンジのポロシャツ)とメールのやりとりをしていたら、あちこちから反響があったとのこと。「正直びっくりしました!」という嬉しいメール。

改めて読者のみなさまへ感謝!

先日の国際テニス・スポーツ医学会議でも、超音波画像診断のワークショップがあり、皆川先生は、これで診断が変わると語っておられた。

写真はそのときのワークショップの模様。
写真6

また、X線写真やMRIという画像診断とは違う考え方が必要で、関節を動かしながらみることができ、分解能が0.2mmとCTを上回り、被曝もなく、まさにベッドサイド、あるいはコートサイドでも使用可能となると、ある意味革命的かもしれない。

これまでブラックボックスであった部分もこの超音波画像診断で、明らかにされていくところが少なくはないだろう。

ある著名な整形外科の先生も「昔は、超音波というと判じ物みたいなもので、画像をみても、本当にそうなのかと思っていたけれど、これならはっきりわかる」とおっしゃっていた。また立位になってといい、上下に動く半月板をみて、「やっぱり弾力があるな」と発言されたのが印象的でした。

この連載、次回(105号)は石崎一穂先生(東京厚生年金病院超音波検査室)が執筆されます。(清家輝文)
ネットで偶然、「スパトライアスロン」という競技があるのを知った。

「+1プロジェクト」のひとつで、「温泉地から新スポーツエコイベントを発信」とある。

スパトライアスロンは、3キロ徒歩⇒足湯⇒4キロ徒歩⇒入浴⇒3キロランニング⇒ゴール・入浴という流れで、健康増進に足湯・温泉が組み合わされている。

競技ではなく、タイムを争わない、スパアスロンというのもあり、これは健康増進とコミュニケーションを目的としている。

すでに福島・猪苗代大会が終わり、昨日千葉・館山大会が行われたところ。今後は新潟・岩室、福島・いわき大会などが予定されている。

温泉と運動とコミュニケーション。ちょっと面白いかもしれない。

ペットと一緒にやる「ペットアスロン」というのもある。

詳しくは、このサイトでご覧ください。(清家輝文)
浦和レッズスポーツセミナー2008の案内をいただきましたので、早速掲載しておきます。
本誌でも88号特集で取り上げた肉離れがテーマになっています。仁賀先生、野崎トレーナーが講師です。


ご好評頂いております「浦和レッズスポーツセミナー」を本年度も下記の通り開催することとなりました。浦和レッズスポーツセミナーでは、浦和レッズでこれまで培ってきた診断・治療・リハビリのノウハウを基にスポーツ選手、保護者、指導者、トレーナー、医師およびそれを目指す方を対象に講演・実技指導を行って参ります。

名  称:浦和レッズスポーツセミナー2008
      【サッカーの現場における肉離れの実態と復帰へのサポート】

開催日程:平成20年12月1日(月)19:30~21:30
     
募集対象 :アスレティックトレーナー、スポーツドクターおよびトレーナー、ドクターを目指す方

内  容:サッカーの現場で実際に起きた肉離れの実態と復帰へのサポートを紹介し、実際の診察方法、復帰への判断などの実技を行ないます。運動靴と軽い運動ができる服装で受講してください。

会  場:レッズランド(さいたま市桜区下大久保1771)2階ホール

講 師:浦和レッズ チームドクター・仁賀定雄
     浦和レッズ アスレティックトレーナー・野崎信行

受講料:3000円

募集人数:各回60名(希望者多数の場合は埼玉県内の方を優先する)

募集期間:平成20年10月25日(土)~平成20年11月16日(日)

申込方法:レッズランドのホームページ 内の 「浦和レッズスポーツセミナー2008」にある申込書に必要事項を記載のうえ、郵送またはe-mailでお申込ください。
★「申込書」は来週ホームページに掲載予定。現在はまだ掲載されていません。
     
宛  先:郵送 〒338-0825 埼玉県さいたま市桜区下大久保1771
      メール  seminar@redsland.jp

その他:参加可否決定につきましては11月21日を目処にお知らせいたします。

お申し込み ・問い合わせ
レッズランド TEL:048-840-1541 FAX:048-840-1560 e-mail:seminar@redsland.jp


スポーツデザイン研究所より、以下のセミナーのお知らせが届きました。

『第30期スポーツメディア講座』


今回で開講20年目となり、今期よりスポーツマスコミ講座を「スポーツメディア講座」と名を改め開催。本講座は日本で唯一、スポーツ第一線で活躍中のジャーナリストを講師にお招きし、新時代へ対応するスポーツジャーナリストの育成に取り組みます。

主催/株式会社スポーツデザイン研究所

日程/
第1回11月5日(水)
第2回11月12日(水)
第3回11月19日(水)
第4回11月26日(水)

会場/日本青年館 CR会議室(11/12のみ302会議室)

時間/各回18:30~21:00(受付18時)

スケジュール(予定)/
◆第1回「高騰するオリンピック・テレビ放送権料とスポーツの未来」
     講師:杉山茂(スポーツプロデューサー) 
◆第2回「北京オリンピックの報道規制とメディアとの戦い」
     講師:佐藤次郎(東京新聞編集委員兼論説委員)
◆第3回「オリンピック取材現場から見えるその国のスポーツ文化度」
     講師:宮嶋泰子(テレビ朝日アナウンサー)
◆第4回「オリンピック報道と日本のメディア力」
     講師:玉木正之(スポーツジャーナリスト)

参加料金/選択1講座につき6,000円、通し受講(全4回)22,000円

定員/各30名

問い合わせ先/
スポーツデザイン研究所「スポーツメディア講座」事務局
Tel:03-3377-4858
http://www.sportsnetwork.co.jp


人気のスポーツメディア講座です。1講座でも選択できるようですので、興味のある内容だけでもいいでしょうし、もちろん全講座をお申し込みすれば、参加費もお得になっています。
スポーツの第一線で活躍中のジャーナリストの方々から現場の生きたお話がうかがえるチャンスです。テレビや雑誌で報道されている以外にも、さまざまな角度からスポーツとメディアについて知る機会です。ご興味のある方は是非ご参加してみてはいかがでしょうか。(田口久美子)
今日は、朝から第10回国際テニス・スポーツ医学会議(シェラトン都ホテル東京にて)、明日まで開催。

最初は、障害予防プログラムを作成しDVDにまとめたその内容の報告のセッションを見に行った。そのあとは、超音波画像診断のハンズオンセミナー、そして、世界的テーマになっている「傷害予防」のシンポジウムへ。

写真はそのシンポジウムのひとこま。
テニス


最後は、展示ブースで久しぶりにお会いした先生などとお話し、やっと帰社。やはりくたびれましたが、たまにはこういう一日中英語というのも悪くはありません。

写真は展示ブース兼ポスター会場。
展示


この会議については、次号で詳しく写真とともに紹介の予定です。

今日は疲れたので、これにてご容赦ください。(清家輝文)
5回目になりますので、いったんこれで「基礎知識」はまとめとしましょう。

だいたいこれくらい知っておくと、何かを編集することになったとき役に立てていただけるかなと思い記してきました。

最終回の今回は、もっと基本的なことになります。

つまり、「読者の身になる」ということです。編集者は「最初の読者」と言われます。どうもわかりにくいなとか、読みにくいなとか、この記号の意味が不明だなとか、この用語とこの用語は何が違うのか、同じならどちらかに統一したほうが混乱しないのではないかなど、読者の気持ちになって文章なりなんなりに接するということです。

言いたいことをたくさん書いてしまう人もいますが、余計なことが多く、本当に伝えたいところがぼけてしまったりすることは珍しくはありません。また読者が不快に思うような記述の仕方があるかもしれません。書いている人は気がつかないのですが、これでは、こういう人たちは不愉快な思いをしますよとお伝えしなければいけません。ちょっとした言葉遣いが相手を不快にすることもあります。

立派な方が書かれた原稿をどうこういうのはなかなか言いにくいところもありますが、むしろそういう指摘を喜ばれる人のほうが多いようです。「気がつかなかった。よく言ってくれた」という反応が多いように思います。どういう人でも、自分が書いた原稿がどう思われるか、どういう反応があるか気になるものです。表現に気をつけながら、ちゃんと意見を言うほうが喜ばれるでしょう。逆に「とくに問題ないと思います」では、「つまらなかったのかな」と思われてしまいます。

写真も、これではほんとうに見せたいところがわかりにくいとなれば、可能なら撮り直す必要があります。これも面倒な感じがしますが、結局撮り直したほうがよいページになります。「ま、いいか」と思わないで、「なんとかならないか」と粘ってみる必要もあります。

「ま、いっか」で流すと、紙面になったとき、いわば永遠に「あれはまずかった」と思わなければいけないわけで、そういう思いは少ないほどいいに決まっています。逆に言えば、どこまで細かい神経や配慮ができているかが、完成度を大きく左右します。

というわけで、基礎知識編は終了させていただきます。ご質問があれば、どうぞ右欄のメールフォームからお寄せください。

また再開するかもしれませんが、一応この短期連載は終了させていただきます。(清家輝文)
9月30日に、東工大で「第26回アスリートのためのライフスキルプログラム研究会」。

主に、今後の事業展開構想について、またスキルプログラム(目標設定とコミュニケーション)の開発について、またゲストスピーカーの発言(今回は弁護士の方)、そして、実践報告。これは、慶應義塾大学の学生による2つの事例について、実際に使用したシートをもちいての解説。

この会では、発表のあと自由に質疑応答を行う。学生の発表についても同様だが、学生3人の発表はしっかりしていて、プレゼン能力の高さが感じられた。学生のうちから、こういう場数を踏んでおくのはいい経験になると思う。

一度、誰でも参加できるようなイベントを行おうということになった。決まり次第、このブログでもお知らせしますので、関心のある方はご参加ください。

なお、この研究会の活動については本誌で104号から連載形式で報告しています。また、11月14日(金)、中京大学で開催される日本スポーツ心理学会で、この研究会メンバーによるライフスキルプログラムのシンポジウムも行われる予定です。(清家輝文)
今日は、印刷屋さんやデザイナーなどとコミュニケーションするときに知っておくと便利な言葉を紹介します。

ノド:雑誌や単行本の綴じてある側。ページを開いて、ノド側に3ミリなどと表現する。
小口:こぐち。ノドと反対側。上は天、下は地と言う。
ツカ:束。本や雑誌の厚みのこと。ツカを出すというと、厚くすること。
ツカ見本:使用する紙やページ数で実際に本や雑誌をつくる。これをツカ見本という。背表紙(背)が何ミリになるか、重さはどれくらいかなどがわかるのと、仕上がりのイメージがはっきりする。「ツカ見本つくってもらえますか」というように使う。ツカ見本はもちろん中は白。
ケイ:罫線のこと。ケイを引く、ケイを3ミリ下げるなどと使う。
ノンブル:ページ番号のこと。ナンバーから。
カクシノンブル:本来そこにはノンブルが入るのだけれど、広告やその他のページでノンブルを打たないとき、「ここはカクシノンブルです」というように使う。
念校:ねんこう。最初の校正を初校、2回目を再校というが、近年はすべて編集部内で行い、最終データを印刷所に入れることが多い。念校は、確認するための校正。基本的には念校では直しがないことになっている。直しが入ると、それだけ費用もかかる。
コンセンサス:コンセとも。色校正の簡易版。時間がないときに使う。
責了:せきりょう。責任をもって校了しましたの意味で、「責了」と書いたり、ハンコを押すと、それ以降何か直しがあっても編集部の責任となる。「これで終わり」の意味で、ほっとするとともに、大丈夫かなという不安もある。
ピン:ピントのこと。「ピンがきてない」「ピンが悪い」などと。「アトピン」「マエピン」という言葉もある。ピンが前後していること。オートフォーカスになり、ピンが悪い写真は少なくなった。

思いつくままに書きました。まだまだありますが、よく使うものを挙げておきました。
どの世界にもそこでしか使わない言葉があります。印刷所の人や編集者は、ついこういう言葉を使いがちですが、なんとなく理解しておくとうまくコミュニケーションがとれると思います。(清家輝文)

先月のアクセス総数は5700とちょっと。ユニークアクセスは3000を超えました。3月からこのブログを始めたのですが、最初の月はユニークアクセスが600くらいでした。半年で月3000人の方が見るブログとなりました。ありがとうございます。

これまで訪れた人の総数も7000人を超えています(これもユニークアクセス)。月1万人くらいの方に見ていただけるようになるといいなと考えています。まだ少し遠いのですが、少しずつ増えていますので、いつかはと…。

メールにて情報をお寄せいただいていますが、できるだけ早く掲載しますので、ぜひご利用ください。もちろん無料です。(清家輝文)
日本女子体育大学附属基礎体力研究所 第19回公開研究フォーラム
学術フロンティア推進事業(平成16~20年度) 最終年度 国際シンポジウムが下記のとおり
開催されます。

運動時における循環調節機構の統合的解明
-スポーツにより健康・体力づくりのプログラム構築に向けて-

日時:2008年11月29日(土) 13時30分~17時10分
場所:日本女子体育大学 本館E101 
連絡先:基礎体力研究所03-3300-6172(渋谷・佐藤まで)

●主な内容
学術フロンティア成果
「運動時の血流再配分―運動特性と関連させてー」(仮)
加賀谷 淳子 
(日本女子体育大学・客員教授)

招待講演
Changes in vascular structure and function following exercise training
Daniel J. Green, Ph.D., Professor.
(Cardiovascular Physiology, School of Exercise and Sports Sciences,
Liverpool John Moores University, Liverpool, U.K.)

学術フロンティア成果
「運動中の循環調節機構―神経調節を中心に―」(仮)
定本 朋子 
(日本女子体育大学・教授)

招待講演
The role of central command in the cardiovascular regulation during exercise
Jon W. Williamson, Ph.D., Professor Associate Dean.
(Health Care Sciences, UT Southwestern School of Health Professions,
The University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas, USA.)


学術フロンティア成果
「運動中の循環調節機構の統合的解明へ向けて」(仮)
斉藤 満 
(豊田工業大学・教授)