FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

浦和レッズスポーツセミナー2008の案内をいただきましたので、早速掲載しておきます。
本誌でも88号特集で取り上げた肉離れがテーマになっています。仁賀先生、野崎トレーナーが講師です。


ご好評頂いております「浦和レッズスポーツセミナー」を本年度も下記の通り開催することとなりました。浦和レッズスポーツセミナーでは、浦和レッズでこれまで培ってきた診断・治療・リハビリのノウハウを基にスポーツ選手、保護者、指導者、トレーナー、医師およびそれを目指す方を対象に講演・実技指導を行って参ります。

名  称:浦和レッズスポーツセミナー2008
      【サッカーの現場における肉離れの実態と復帰へのサポート】

開催日程:平成20年12月1日(月)19:30~21:30
     
募集対象 :アスレティックトレーナー、スポーツドクターおよびトレーナー、ドクターを目指す方

内  容:サッカーの現場で実際に起きた肉離れの実態と復帰へのサポートを紹介し、実際の診察方法、復帰への判断などの実技を行ないます。運動靴と軽い運動ができる服装で受講してください。

会  場:レッズランド(さいたま市桜区下大久保1771)2階ホール

講 師:浦和レッズ チームドクター・仁賀定雄
     浦和レッズ アスレティックトレーナー・野崎信行

受講料:3000円

募集人数:各回60名(希望者多数の場合は埼玉県内の方を優先する)

募集期間:平成20年10月25日(土)~平成20年11月16日(日)

申込方法:レッズランドのホームページ 内の 「浦和レッズスポーツセミナー2008」にある申込書に必要事項を記載のうえ、郵送またはe-mailでお申込ください。
★「申込書」は来週ホームページに掲載予定。現在はまだ掲載されていません。
     
宛  先:郵送 〒338-0825 埼玉県さいたま市桜区下大久保1771
      メール  seminar@redsland.jp

その他:参加可否決定につきましては11月21日を目処にお知らせいたします。

お申し込み ・問い合わせ
レッズランド TEL:048-840-1541 FAX:048-840-1560 e-mail:seminar@redsland.jp


スポンサーサイト