FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

今特集の大山場。前半は終わり、熊本先生に送った。

これから後半。前半は、二関節筋の研究をなぜ始めたのか、そのきっかけや国際的な動きなど。

後半は、二関節筋にかんする研究成果を細かく語っていただく。

二関節筋については、解剖学的に知っている人は多いが、たとえば歩行や走行のとき、どうなっているのか、まだ学問的に合意を得るところまではいっていないそうだ。

工学的な話も多く、むずかしいのだが、それをできるだけわかりやすく表してみようと努力中です。

もっと多くの人に取材したかったのですが、熊本先生の話をまとめるので精一杯というところ。まだまだ時間がかかりそうですが、がんばりましょう。(清家輝文)
スポンサーサイト