FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

今日、ある競技のケガについて、医師やトレーナー、コーチなどが集まって、比較的少人数ながら中身の濃い議論をしようという集まりがある。

スポーツ医療は、何も医療従事者のみのことではなく、現場のコーチや保護者、大会関係者、メディアなど幅広い人が関わらないと、その対応、対策はうまくいかない。

近年は、外傷予防への関心が高まっている。ケガする前に予防するほうが大事なことは誰でもわかっているが、実際にはなかなかむずかしい。予算や環境という条件もある。

いったんケガが起こってからも、単に「病院に行けばよい」という考え方では解決しないことが少なくない。どの病院がよいのか。手術となったとき、どう考えればよいのか。入院中はどうすればよいのか、退院後はどうすればよいのか。競技復帰までどういう段階を追っていけばよいのか。

選手ひとりではもちろんわからないことが多い。コーチや監督でもわからないことが多い。しっかりしたトレーナーが医療サイドと密接に連絡しあい、コーチとも話しあい、リコンディショニングを進めていけばよいが、そういう環境にいる選手はまだそう多くはない。

そこで、ある種のネットワークが必要になる。今日の会議でもそういう話が出てくるかもしれない。

また、話が進んだらお知らせすることにしよう。(清家輝文)
スポンサーサイト