FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

105号で校正ミスを発見しました。

P.11右段8~9行目「二関節筋は配置としては2つの筋をまたいでいる、」×
            「二関節筋は配置としては2つの関節をまたいでいる、」○
P.12左段下から9行目「一関節筋は、1つの筋をまたぐだけ」×
              「一関節筋は、1つの関節をまたぐだけ」○

なぜ、こんな初歩的ミスをしたのかと、悔いています。
みなさん、すみません。修正のほどお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト



いよいよ105号も発売になり、106号の準備が進んでいます。

106号からはスポーツ法政策研究会のメンバーによるリレー形式の連載が始まります。スポーツ医療あるいは指導に関わっていると、どこかで法律上の問題が起こる場合があります。スポーツと法はどういう関係にあるのか、何か起こったときの「訴訟」とはどういうことなのか、事例としてどのようなものがあるか、さまざまな視点から、スポーツと法について解説していただきます。

みなさん弁護士で、スポーツ関連の事案について研究されてきました。読者からの質問などにもお答えしていきたいと考えています。

このほか現在計6つほどの新連載企画を準備中です。面白いものばかり。ご期待ください。(清家輝文)