FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

105号でも紹介しましたダイナミックフラミンゴ療法に関する研究参加者の募集があります。

下記、ご覧いただき、お申込ください。なお、106号で、石井千恵先生が連載中でも同療法を紹介されます。

●研究参加者募集
開眼片足起立15秒以下の人達に対し、1分間1日3回の開眼片足起立運動療法(何かにつかまっても良い)を実施する群と実施しない群に分け、転倒や骨折の回数を比較して、片脚起立運動の有効性を検証しようという試みです。

この調査に参加して下さる人達(片足起立15秒以下)を募集しています。
参加可能の人達は下記にお申し込み下さい(申し込まれた方に説明文書をお送りし、実施群と非実施群に割り振りします)。

▼申込先:
〒160-0016東京都新宿区信濃町35 煉瓦館5F
国際医学情報センター 厚労省長寿科学研究阪本班
電話 03-5361-7101(担当井上)

なお、こうした研究参加者募集についても、このブログをご活用ください。ご希望の方は、右欄のメールフォームからどうぞ。
スポンサーサイト