FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、「チームドクター研修会」の取材で、アパホテル&リゾート東京ベイ「東京ベイ幕張ホール」へ、行ってきました。チームドクター研修会

このチームドクター研修会は、日本臨床スポーツ医学会と久光製薬㈱の共催で開催されたもので、さまざまな競技に携わるチームドクターが一堂に会して行われたものです。

この研修会の概要は、次号のスポーツメディスンで紹介しますので、そちらをご覧いただくとして、ランチョンセミナーの前に、共催の久光製薬が、企業PRの時間として、みなさんにもおなじみの経皮鎮痛消炎剤(いわゆる湿布ですが)の商品紹介をしていました。

ここで紹介した湿布は「モーラス」という商品名で、整形外科などで湿布を処方してもらったときに、目にする機会も多いのではないでしょうか。
この「モーラス」。私はずっと、「モーラス」って何のことだろう? と疑問に思っていました。
どんな医学的専門用語の意味があるのだろう…とか。

それが昨日の久光製薬さんのPRで、判明!
「みなさん、モーラスを、何回も続けて言ってみて下さい」という、久光製薬のお兄さんの声とともに、「モーラス、モーラス、モーラス」と呪文のように、唱えていると、
「はい! みなさんわかりましたね。世界を“網羅”するの、モーラスです!」とのこと。

あー、なるほど。ちょっと、疑問が解けて満足。
商品名のネーミングって、奥深いと感心したお話でした。(田口久美子)
11月になりましたね。

10月のこのブログへのアクセスは、ユニークアクセス3334件、トータルアクセス6445件でした。うち新規訪問者は1864人。

毎月、数字が増えています。月に1万人くらいの方に見ていただけるようになることが最初の目標です。みなさん、よろしくお願いします。催し案内、募集、レポートなど、掲載しますので、右欄の「メールフォーム」からお寄せください。写真つきも歓迎します。もちろん、掲載は無料です。

今日、明日は幕張メッセで日本臨床スポーツ医学会があり、取材に出かけます。(清家輝文)