FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日は、午後7時から東京体育館で「スポーツ医・科学講習会」(主催/(財)東京都スポーツ文化事業団、東京都)。

内容はパネルディスカッション「トップアスリート育成のために~スポーツ医・科学サポートを理解する~」で、朝原宣治、内柴正人、中村礼子、中野友加里の4選手(司会は平野裕一氏)。
パネル


まず平野氏がスポーツ医・科学サポートについてレクチャー、そのあと4選手とともにパネル。

各選手とも「メンタル面」での問題をいっていたが、あれくらいの選手でもやはり弱気になったり、不安になったりし、それをどうするかが重要になるとのこと。よく考えれば、舞台が大きくなるほど、メンタル的にはプレッシャーがかかるのは当然。あとは、それを見せるか見せないかか。

食事については、多くの選手がほとんど気にしないで、好きなものを食べていた。どういう食事がよいか、もう身についているのだと思う。

このイベントに関しては、次号巻頭記事で詳しく紹介します。(清家輝文)
スポンサーサイト