FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

昨日、某大学で特集の取材をして、これで特集はみな取材し終えました。

昨日は、理学療法士の先生。「動きのみかた」でも、理学療法士はやはり「何か問題のある人」をみることが多く、どこがどう問題かを、部分と全体をいったりきたりしてみていく。もちろん、疾患によってみるべきポイントがある。

今は、ACL損傷の予防という観点からスクリーニングのための動作を研究されている。これから原稿をまとめるので、ご期待ください。

取材後、今は理学療法士の学校を卒業する人が毎年1万2000人にもなるという話など、今後の医療・スポーツ界はどうなるのか、いろいろ語り合ってきた。

今日の日経新聞にも、アメリカではメジャースポーツの広告など、金融危機からスポンサーが下りることが増え、今後大きな問題になるだろうというようなことが書いてあった。日本も対岸の火事ではないという。また実業団の休廃部が多く出るのではないかという懸念も記されていた。

どうも明るい話が少ない。

お金がないからという理由で何かをしないのは、情けない話ではある。スポーツが社会の空気を明るく、積極的にしていければよいのだが。(清家輝文)
スポンサーサイト