FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、某大学で特集の取材をして、これで特集はみな取材し終えました。

昨日は、理学療法士の先生。「動きのみかた」でも、理学療法士はやはり「何か問題のある人」をみることが多く、どこがどう問題かを、部分と全体をいったりきたりしてみていく。もちろん、疾患によってみるべきポイントがある。

今は、ACL損傷の予防という観点からスクリーニングのための動作を研究されている。これから原稿をまとめるので、ご期待ください。

取材後、今は理学療法士の学校を卒業する人が毎年1万2000人にもなるという話など、今後の医療・スポーツ界はどうなるのか、いろいろ語り合ってきた。

今日の日経新聞にも、アメリカではメジャースポーツの広告など、金融危機からスポンサーが下りることが増え、今後大きな問題になるだろうというようなことが書いてあった。日本も対岸の火事ではないという。また実業団の休廃部が多く出るのではないかという懸念も記されていた。

どうも明るい話が少ない。

お金がないからという理由で何かをしないのは、情けない話ではある。スポーツが社会の空気を明るく、積極的にしていければよいのだが。(清家輝文)
スポンサーサイト