FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


第18回日本陸上競技連盟トレーナーセミナー開催の案内が送られてきました。


主催:財団法人日本陸上競技連盟
運営:財団法人日本陸上競技連盟 医事委員会 トレーナー部
期日:2009年3月27(金)~29日(日)(3日間)
場所:国立スポーツ科学センター(JISS)内研修室
参加費:\25000(教材費込み)
定員:100名(先着順)
参加資格:①現在陸上競技の現場に携わっている方
②救急法に関する資格を保有、もしくは救急法に関する講習等に参加したことがある方。あるいはセミナー開催までにいずれかの救急法の講習会を受講できる方。且つ、他人の助力なしに一人で救護活動ができる方。
③3日間全日程を受講できる方
申込方法:官製ハガキに「日本陸上競技連盟トレーナーセミナー申し込み」と明記し、
①氏名 ②連絡先郵便番号 ③住所 ④電話番号 ⑤所属名又は学校名と学年
⑥陸上競技に関わる活動先や活動拠点を併記し下記まで郵送。
FAXでの申し込みは受付けません。必ず官製ハガキにてお申し込み下さい。
記載に漏れが有る場合は、申込を受諾できませんのでご注意下さい。

〒150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内
         財団法人日本陸上競技連盟
トレーナーセミナー係 担当村田宛

受付開始:2009年1月7日
締め切り:2009年1月31日消印有効

詳細は陸連のホームページでもみることができます。
スポンサーサイト



スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会が編集・発行するJournal of Athletic RehabilitationのNo.5が今月20日に完成する。

22日、23日、東京で第26回研修会が開催され、それに併せての発行。

このジャーナル、第4号まで発行され、その後予算の関係で発行が滞っていたが、ややページを薄くしたものの、原著論文8本、症例報告2本、計10の論文を収録している。

その発行のお手伝いをしているが、今日校了する予定。同会会員には配布され、会員外の人には販売される(A4変型判、64ページ、定価1575円)。完成したら、またお知らせしますが、この分野では唯一のジャーナルなので貴重な存在である。(清家輝文)