FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第6回阪急アメフト・トレーナー研修会開催の案内が届きました。掲載しておきます。

日時/平成21年1月18日(日)13:00~17:00
場所/若竹公民館
    兵庫県西宮市西福町15番12号
    TEL/0798-67-7171
    JR西宮駅:北側出口から北東へ徒歩5分
    阪急西宮北口駅:南側出口から南西へ徒歩15分
参加費/2,000円
定員/50名 ■要予約
対象/これからトレーナーを目指す人
問い合わせ/大西接骨院 
        sasa.onishi@amethyst.broba.cc
●1部13:00~15:00 阪急トレーナー発表会
①「インピジメント症候群について」 森 ちひろ氏
②「腰椎椎間板ヘルニアについて」 伊井智昭氏
③「ハムストリングス肉離れについて」 太田安純氏
④「膝内側側副靭帯損傷について」 西尾 裕氏
⑤「足関節捻挫について」 田中美穂氏
⑥「主な団体競技における歯科との関わり方と
  当チームの現状について」 山本能康氏
⑦「2008年度傷害報告について」 高橋健太氏
⑧「2008年阪急トレーナー活動報告について」 
                     上谷紘美氏
●2部15:10~16:40 特別講演
テーマ:「スポーツ現場に必要な実践テクニック」
講師:元オリックス(ブルーウェーブ)バファローズ 
    トレーナー 松元隆司先生
スポンサーサイト