FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


『医療法人 堺整形外科医院 福岡スポーツクリニック 』より、クリニック情報をお寄せいただきましたので、ご紹介させていただきます!

『医療法人 堺整形外科医院 福岡スポーツクリニック 』
〒811-1345 福岡市南区向新町1丁目13-43 
TEL:092-557-8886   FAX:092-557-8836

野多目外観ブログ用

アクセス/
自動車の場合:
福岡都市高速 野(の)多目(ため)インター出口を降りてすぐ右手に見えます。インター降りてすぐの交差点をUターン(右方向)にしてください。

交通機関ご利用の場合:
・博多駅より西鉄バス 博多郵便局前Bより(47,48番 那珂川営業所行き)乗車(約30分)、向新町バス停下車 徒歩2分
・西鉄大橋駅より 西鉄バス 1番乗り場より(3,4,47,48,62番 那珂川営業所・博多駅南・福翔高校行き)乗車(約10分)、向新町バス停下車 徒歩2分

①スポーツに関係する診療窓口
水曜日午後以外は、診療可能。ただしスポーツ整形外科専門外来を希望される場合には、スポーツ外来月曜日午後、土曜日午後

②対象科目名
スポーツ整形外科/整形外科/外科/リハビリテーション科

③①の代表者名
理事長 堺 研二  (整形外科 膝専門)
院 長 武田 康志 (スポーツ整形外科)

④診療曜日
日曜日、祝日も診療可能(水曜日午後のみ休診)
★スポーツ整形専門外来(武田)は月曜日午後、土曜日の午後。
それ以外の曜日については、電話にてお尋ねください

⑤初診受付の有無
 平 日  9:00~12:30(初診 12:00)  
    16:00~19:30(初診 19:00)
 日・祝 10:00~13:00(初診 12:30)
     16:00~18:00(初診 17:30)

⑥担当医師の数(理学療法士、運動指導員も)
スポーツ整形外科1名 膝関節専門医1名  理学療士3名 トレーナー3名 

⑦付帯施設
診察室(3診)、手術室(2室)、レントゲン室、MRI室、
CT室、スポーツリハビリテーション部門、理学療法室
MRI ブログ用MRI Pronto-i01_1527 ブログ用CT

⑧主な測定、トレーニング機器
Biodex測定器  徒手筋力計 Knee-lax(膝靭帯評価) 
トレーニング器機  エアロバイク、トレッドミル、筋力トレーニング器機

⑨特徴としていること
院長の武田康志は、臨床経験としては関東労災病院スポーツ整形外科において約10年にわたり、外来診療と手術治療に取り組んでまいりました。
スポーツ現場活動においては1997年から柏レイソル4年間その後川崎フロンターレの専属ドクターとして7年間活動してまいりました。
スポーツ整形外科そしてスポーツ現場を両面を十二分に経験を積んでくるなかで、怪我ないし手術からグランドレベルまでのリハビリメニューなどのプログラム、そして復帰のタイミングについてまでをトータルサポートできるという特徴をもっています。

⑩ホームページURL
http://www.med-sakai.jp/orth/index.html

※スポーツクリニック掲載希望については、メールにて編集部までご連絡ください。
スポンサーサイト