FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


14日、名古屋で日本スポーツ心理学会でシンポジウムに参加し、そのあと、ある先生とDVDの打ち合わせ。

翌15日は、大阪に移動し、森ノ宮医療大学で、変形性股関節症の患者さんの会、のぞみ会の関西支部の方があつまり、廣橋賢次先生と金尾顕郎先生の講演会。もちろん、テーマは変形性股関節症の運動療法。

90人くらいだったでしょうか。杖をついている人も多かったですね。
P1000017.jpg


廣橋先生は、いかに運動療法が大事かを症例も含め、丁寧に説明されました。手術を受けたとしても、それで終わりではなく、その後やはり運動は欠かせない。手術を受ける受けないにかかわらず運動は大事とのこと。

もうこれは手術をしようかという例もあったのですが、絶対にいやだという人がいて、頑張って運動を続けたら、痛みなく歩けるようになって、元気に過ごしておられるとか。

人間のからだのすごさというか、気持ちの強さはやはり大事なのだと思いました。

この会で廣橋先生のDVDを販売させていただいたのですが、手で持っていった分はすぐに売り切れました。ありがとうござます。DVDをみながら運動を続けていただき、元気に過ごしていただきたいものです。

そういう私も腰が悪い。でも、運動をこころがけています。(清家輝文)
スポンサーサイト



本誌の『続・投球障害の予防と対応』の連載を執筆されている、能勢康史氏が代表を務めるSSO 野球共育塾の講習会が開催されます。

スポーツサポート機構(SSO:Sports Support Organization)は「日本のスポーツのあるべき姿をコーチ自らが考え、コーチの資質を向上させるとともに、スポーツ環境の整備に寄与し社会に貢献していく」ことを目的に自発的に集まった有志による任意団体です。野球共育塾はSSOの下部組織であり、野球に関わる方々が「共に学ぶ場」で、その特徴は職業や立場を超えて集う点にあります。
 今回は「キャプテンのリーダーシップ」にフォーカスしたテーマとしました。勝つためにはチームのまとまりが必要ですが、そのためには選手のリーダーシップが不可欠です。今回は社会人野球での主将経験があり、都市対抗野球大会で日本一に輝いた王子製紙野球部の二人を講師としてお招きし、主将の役割や心構えについて討論したいと思います。
(能勢康史:SSO野球共育塾代表)

日時/2008年12月14日(日) 受付開始13:30 講習開始14:00

テーマ/勝つチームのリーダーシップ~勝敗の境界には何があるか

内容
14:00~15:00 湯浅、鈴木「主将の役割と心構え~勝つために何をすべきか」
15:10~18:00 ディスカッションー参加者の質問を受けながらテーマに対する討論

講師/湯浅貴博(王子製紙野球部コーチ:2004年都市対抗優勝時の主将)
   鈴木賢一(王子製紙野球部選手兼コーチ:2008年都市対抗準優勝時の主将)

主催/スポーツサポート機構野球事業部

会場/三重県立桑名北高校

対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)

会費/会費は以下の2通りです。いずれも当日会場にてお支払い下さい、学生も同額です。
    会員:東海地区会員無料・他地区会員1,000円、一般:3,000円
    *会員(年会費3,000円、会期1/1~12/31)はメールでの情報配信があり、
     講習会に会員価格で参加できます。

お申し込み/下記の事務局まで、メールにて「SSO野球共育塾参加希望」とし、名前、所属(チーム・学校名など)、連絡先電話番号、メールアドレスを記入の上ご予約下さい。当日参加も可能ですが会場準備などの都合上、できるだけ事前にお申し込み下さいますようお願い申します。

申し込み締切/12月12日午後6時までにお申し込み下さい。

事務局/西塚亨(三重県立桑名北高校教諭)
E-mail:tokaibbcs@yahoo.co.jp

毎回、好評の野球共育塾の講習会です。
ご希望の方は、お早めに! (田口久美子)
無事、今朝106号を入稿しました。

終わったのは午前1時前。予想以上に時間がかかってしまいました。夜中、おなかがすいたので、味噌汁をつくり、三人で食べました。台所があるので、よく料理しています。

さて、106号。特集は「動きのみかた」。医療とスポーツの両方で取材しました。

作業療法士の小島正義先生、理学療法士でスポーツ選手のためのリハビリテーション研究会代表の加賀谷善教先生、スピードスケートのコーチ、青柳徹氏、野球のプロコーチ、能勢康史氏の4人です。

「動き」をどうみるか、当然ながら、それぞれ違っているところと、共通しているところがあります。動きのみかたは、その目的によって変わってきます。その目的の捉え方が同じ世界の人でも異なり、そこに哲学や経験が潜んでいるようです。

「動きのみかた」については、一度や二度では十分ではないので、今後も取り組んでいくことにします。今月は少し遅れて27日発売です。よろしくお願いします。(清家輝文)