FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

明日は、MSM・DVDシリーズ第2弾の撮影を行います。編集部は誰もいませんので、ブログはお休みになるかと思います。

今、その最終シナリオをまとめているところです。

DVDは、ある程度は決めておきますが、現場で流れが変わることもたくさんあります。ちょっとした映画づくりのようなものですが、本づくりとはまた違った面白さがあります。

ただ、撮影が終わったらくたくたになります。緊張をずっと維持しているので、身体より精神面の疲れのほうが大きいかもしれません。

その後、編集となりますが、これはこれでまた面白さが違います。

その後の進行については、またこのブログでお知らせします。(清家輝文)
スポンサーサイト



スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会の研究会誌であるJournal of Athletic Rehabilitationの第5号が出たことはお知らせしましたが、本日よりアタックネットにて購入できます。

会員の方には研修会会場で配布、研修会に参加されなかった会員には郵送されます。

会員外の人でも購入できます(1575円)。

詳しくはアタックネットの右欄をご覧ください。
11月22・23日は、東京・飯田橋レインボーホールで、スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会による第26回研修会。結局100名近くが集まった。

今回のテーマは「スポーツ選手にとって重要な動きづくり-体幹機能に着目して-」で、多くの方から、体幹機能の捉え方と動きづくりへのトレーニング例が示された。

詳細は、上記研究会のサイトをごらんいただきたいが、アスリートにとっての体幹の捉え方は、それぞれ同じところもあれば、違うところもある。競技によっても異なる。それが興味深かった。

今週は、弊誌のDVDシリーズの第2弾を撮影の予定。ご期待ください。(清家輝文)