FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日は、名古屋にある愛知医科大学病院にDVDの撮影に行ってきました。
写真は、愛知医科大学病院に隣接する「愛知医科大学体育館・運動療育センター」。

SA3B0215 ブログこのセンターの一室で撮影は行われました。
この運動療育センターは、入ってすぐ右には立派な体育館があり、地下にトレーニングルームとプールがあります。
平日にもかかわらず、トレーニングルームでは多くの中高齢者が汗を流し、プールでも水中ウォーキングや泳ぐ人などの姿がみられました。

撮影の合間には、丹羽先生がカメラスタッフを相手に、レクチャー。ゴルフのスイングで飛距離を伸ばす方法など伝授していました。実は、こちらの内容のほうが気になる方も多いのでは……。

昼食は、大学内の食堂で食べましたが、名古屋ということで、エビフライ定食や味噌カツ定食など、みんなで食べ、なんとなく名古屋を食した気分に。カメラスタッフは「あとは、きしめんですね」と言っていましたが、こちらはまたの機会に、となったのは言うまでもありません。

そんなこんなで、撮影も順調に進み、夕方には無事終了。
まだまだ、完成までにはいろいろな作業が残っていますが、
どのようなDVDになるかお楽しみに! (田口)




スポンサーサイト