FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

FTEX野球班講習会のご案内が届きました。

 FTEX野球班では広島にて、講習会を開催します。FTEX野球班の当面の課題は投球障害への対応について整理していくことで、その内容は野球肩、野球肘、投球動作、競技復帰と再発防止の4つの柱になります。
 今回のテーマは「投球障害肩のメカニズムとその対応-機能的側面から」とし、立場の異なる3名の専門家による内容です。投球障害肩の病態はどこまで解明されどこまで治せるか、肩の痛みの要因は何か、満足な投球をするためにはどうすれば良いかについて整理していく予定です。日常の臨床や指導現場で役立ち、野球選手の活動環境の向上に貢献できるような内容にしたいと考えておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

テーマ/投球障害肩のメカニズムとその対応-機能的側面から

開催日/2009年2月15日(日) 午前11時30分(受付開始)~午後4時30分

会場/広島県立生涯学習センター(広島市東区光町2-1-14 JR広島駅北口より700m)
   http://www.pref.hiroshima.lg.jp/kyouiku/gakushu/center/

主催/FTEX Institute野球班

【プログラム】
※会場の都合で特殊なスケジュールとなりますがご了承下さい。
11:30      受付開始
12:00~13:20 望月由「投球障害肩の病態と治療方針-保存療法の可能性と真の手術適応」
13:30~14:30 宮下浩二「投球障害肩のメカニズム-投球動作における肩の運動」
14:40~15:40 能勢康史「投球障害肩への総合的アプローチ-投球に必要な肩のつくり方」
15:50~16:30 フリーディスカッション「投球障害のメカニズムとその対応」
17:30~     懇親会

【講師】
・望月由(県立広島病院整形外科主任部長):整形外科医、肩の専門医とし て野球選手にも対応、豊富な手術実績を有する
・宮下浩二(中部大学生命健康科学研究所):理学療法士、プロ野球や社会人チームでの活 動経験もあり、現在、高校野球のサポートも行う
・能勢康史(プロサーブ代表):野球コンディショニングコーチとして活動、社会人・大学 高校の野球チームでの活動経験もあり、多数の野球選手に対応。

対象/理学療法士・柔整師・トレーナーなど

参加費/FTEX会員5,000円、会員外8,000円
     ※当日参加も受付けますが、会費が1,000円割り増しになりますので予めご了承下さい。

申し込み方法/E-mailかFAXにて、「FTEX野球班講習会参加希望」と明記し、名前、所属・立場(PTなど)、住所、連絡先電話番号をご記入のうえ下記へ連絡をお願いします。
確認後、会費振込先、会場の地図などをお送り致します。

事前受付締め切り/2009年2月2日(月)、午後6時までに下記へお申し込み下さい。

事務局/井出善広(おかもと整形外科クリニック) 
    E-mail:chushikoku@ftex.org FAX :082-280-3974

ご興味のある方は、是非ご参加していただければと思います。(田口久美子)
スポンサーサイト