FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


土曜日、神戸で無事「第7回シスメックス スポーツサエンスセミナー」が終了しました。

このセミナーは、神戸、東京と、1年ごとに場所を代えて開催され、シスメックス株式会社とNPO神戸アスリートタウンクラブが主催、多くの団体の後援をいただいているものです。今回は、新しくできた新神戸駅前の神戸芸術センターのホールで開催。550人という大盛況でした。

講演の最初、杉田正明さんが、JOCの科学サポートについて、また各国の支援体制について紹介されたのですが、オリンピックともなると「国と国の戦い」で、アメリカやイギリス、オーストラリアの体制は目を見張るものがありました。

続いて管理栄養士の川端理香さんが、栄養サポートの実際について、男子バレーボール日本代表の例などをあげ、どう指導して、どう変わったかを具体的に紹介されました。

そのあとの特別講演では、水泳の平井伯昌コーチが、北島康介、中村礼子、上田春佳、3選手についてその指導のあり方のの違いなどを語り、指導の要諦が浮かび上がる内容でした。

最後は、上記3人の先生に加えて、陸上の朝原宣治さんにスペシャルゲストとして参加していただき、総合討論。その進行役を務めさせていただいたのですが、豪華ゲストばかりなので、話自体が面白く、予定の時間はあっという間に過ぎました。

この内容については、本誌次号、トレーニングジャーナルのカラーページでも紹介されます。またシスメックス社のホームページでも詳細が掲載される予定です。

写真は、ディスカッションでの平井コーチと朝原さんです。(清家輝文)
平井コーチと朝原選手
(撮影・河村圭一)
スポンサーサイト