FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

現在進行中の特集「足底腱膜炎」について、ほぼ決まりました。

医師、理学療法士、トレーナー(鍼灸・マッサージ師)、シューフィッター、そしてトピックになっている体外衝撃波治療装置の話を交えて構成の予定です。

理学療法士の先生には取材済みで、今日はトレーナーの方に取材。明日、ドクター、明後日シューフィッター、その翌日体外衝撃波装置に詳しい人に取材です。

足底腱膜炎にどうアプローチするか、そこからみえてくるものがあります。

この取材でまた新たな視点が出てきました。これから温めて、来年開花させる予定です。

ということで、バタバタ状態です。頑張ります。(清家輝文)
スポンサーサイト