FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

昨日、船橋整形外科病院の高橋謙二先生に、足底腱膜炎に対する新しい治療法である体外衝撃波治療装置の話も含め、足底腱膜炎の治療についてインタビューした。

足底腱膜炎は経験したことがある人にはよくわかるが、接地すると非常に痛む。私も中学か高校のときに経験している。

その治療については決定的なものはなさそうだ。しかし、この体外衝撃波治療装置はオプションのひとつにはなる。これでも治らなければ手術ということになるが、手術をしてもよくなるとは限らない。

私が経験したのは、はるか40年くらい前のことだが、かかりつけ医であり、「元軍医」と言われた人が、解剖書を眺め、「よし」と言って、ベッドに寝かせ、「痛いぞ。動くな」と言って、メスを入れた。痛かったが、それで治った。あれは腱を解離したのだろう。そんなことを思いだした。

特集の取材もあと少し。今回は時間に追われています。頑張ります。(清家輝文)
スポンサーサイト