FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、船橋整形外科病院の高橋謙二先生に、足底腱膜炎に対する新しい治療法である体外衝撃波治療装置の話も含め、足底腱膜炎の治療についてインタビューした。

足底腱膜炎は経験したことがある人にはよくわかるが、接地すると非常に痛む。私も中学か高校のときに経験している。

その治療については決定的なものはなさそうだ。しかし、この体外衝撃波治療装置はオプションのひとつにはなる。これでも治らなければ手術ということになるが、手術をしてもよくなるとは限らない。

私が経験したのは、はるか40年くらい前のことだが、かかりつけ医であり、「元軍医」と言われた人が、解剖書を眺め、「よし」と言って、ベッドに寝かせ、「痛いぞ。動くな」と言って、メスを入れた。痛かったが、それで治った。あれは腱を解離したのだろう。そんなことを思いだした。

特集の取材もあと少し。今回は時間に追われています。頑張ります。(清家輝文)
スポンサーサイト