FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
AMS.ProおよびAthlete societasからのお知らせ



昨日、足底腱膜炎の取材で、アスリートクラブ横浜店の三宅さんにお話をうかがいました。

アスリートクラブの三宅さんは、以前、特集「足の話」(第82号)でも取材させていただいた上級シューフィッターさんです。

アスリートクラブにも、足底腱膜炎のランナーの方やバスケットボールの選手など多くのアスリートが訪れるそうですが、スポーツをやられていないビジネスマンといった、一般の方たちも足底腱膜炎で靴をつくりにこられるそうです。どうやら長く立っていること、革靴を長く履いていること、体重の増加などが要因としてあるようです。

最近はクッション性のよいウォーキングシューズなど、ビジネスマンにも人気ですが、本当にそのウォーキングシューズが自分の足にあっているのかは、やはり一度測定してみなければわからないとのこと。どうしても足底腱膜炎を繰り返す方は、どうやらもう一度靴を見直す必要があるようです。

シューフィッターの立場から、興味深いお話をたくさんうかがえました。
今回の特集で紹介しますので、お楽しみに! (田口久美子)
スポンサーサイト