FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

NPO法人 日本健康運動指導士会が創立20周年だそうだ。今日、千代田区にある東海大学交友会館でその式典がある。少し顔を出してくる予定だが、入稿前で時間的にはかなり厳しい。

しかし、20周年というのはめでたい話である。今や「健康運動指導士」はすっかり認知され、テレビや雑誌、新聞などでも頻繁に登場する。

それだけ社会のニーズに合っていたわけである。「健康」はだれにとっても大事なことで、それに「運動」がついたのが画期的だった。

毎日ウォーキングをする人、水中運動をする人、テニスやジョギング、ゴルフ、ヨット、登山など、中高齢者で運動する人は多い。しない人は何もしないようだが、健康でいるためには動いたほうがよいということが浸透してきた。

しかし、運動やトレーニングはちょっと間違うとケガにつながる。すこしいい加減くらいのほうが安全かもしれない。

さて、今月の特集は「足底腱膜炎」。今、取材させていただいた先生に原稿の確認を取っている段階です。まだ書かなくてはいけない原稿もたくさんあります。

水曜朝入稿。頑張ります。(清家輝文)
スポンサーサイト