FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第35回日本骨折治療学会のご案内をいただきましたので、下記、掲載します。

■会期:平成21年7月3日(金), 4日(土)
■会場:パシフィコ横浜
■会長:別府 諸兄(聖マリアンナ医科大学整形外科教室 主任教授)
■テーマ: 骨折内固定法の進歩と限界
■プログラム:
国際シンポジウム:「骨折内固定法の進歩と限界」
シンポジウム:「後期研修医のための骨折治療 – Minimum Requirements- 」
招待講演(予定):Gilbert Taglang(France)
Jesse B. Jupiter(USA)
Jesse B. Jupiter(USA)
Norbert P. Haas (Germany)他
■演題募集:
主題および一般演題(口演, ポスター)を募集します。

主題:
1 股関節 DVT/PE
2 橈骨遠位端骨折
3 膝関節内骨折の治療法
4 リスフラン関節損傷
5 開放性骨折の軟部組織修復
6 舟状骨偽関節

詳細は学会ホームページをご覧ください。

■演題登録に関する問合せ先:
〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1弘済会館ビル ㈱コングレ内
第35回日本骨折治療学会運営事務局
Tel. 03-5216-5318 Fax 03-5216-5552
E-mail jsfr2009@congre.co.jp
来月2月25日、東京工業大学すずかけ台キャンパス すずかけホール3階多目的ホールにて、「スポーツ講座2008(2回目)」が開催されます(主催・東京工業大学大学院社会理工学研究科、大学院総合理工学研究科)。

午後5時半から7時まで、陸上競技の朝原宣治元選手とわたしの対談形式になりますが、実際には、わたしが朝原さんに話を聞いていくという感じになります。

参加無料ですので、お近くの人はぜひお越し下さい。

テーマは「競技力とライフスキル」ですが、朝原さんの競技に対する姿勢や具体的な競技観など、興味深いところをどんどん聞いていく予定です。もちろん、ライフスキルについても語っていただきます。

何をどう聞くか、今考えているところですが、今から楽しみにしています。(清家輝文)
本の話が続いて恐縮だが、今読んでいる『ご冗談でしょう、ファインマンさん』(岩波現代文庫、上下2巻)が面白い。
本

著者はいわずと知れた、物理学者のリチャード・P・ファインマン。

その自叙伝というべきもの。小さいときからの数々のエピソードを楽しく語っている。やっぱり、すごい人はすごい子どもだったということがわかる。翻訳物だが、語り口がよく、どんどん読んでしまう。

物理学者だが、子どものときから「実験室」を家につくり、ラジオを直したり、ドアを開けたら部屋の照明がつく装置などをつくっている。顕微鏡でいろいろなものを観察したりもしていた。だからか、生物学にも興味を持ち、エンジニアのような仕事もし、アリの行動を調べたりと、この人の興味もありようや、そこで何を考え、どうしたかという話はとても面白い。

科学者のみならず、誰にでも楽しく読め、しかもヒントに満ち満ちた本。おすすめします。(清家輝文)
昨日紹介した『ルールはなぜあるのだろう―スポーツから法を考える』読みました。

「法的問題」は、多くの人にとって厄介でたいへんで、できれば関わりあいたくないものでしょう。わたしも同様で、高校生のときなんとなく法学部に行こうと思っていましたが、「やめた」と決めたのは、なんの関心もないということに気がついたからです。

このトシまで、裁判に関わったこともなかったのですが、最近は徐々に「法的問題」が顕在化するようになってきました。

もちろん、出版というのは、著作権、出版権、肖像権などさまざまな権利が絡む仕事で、法律と無関係に存在することはできません。「引用」は法律で認められていますが、「引用」の定義を知っておかないと、著作権を侵害することもあります。

しかし、では、スポーツはどうか。多くの人は、あまり関係ないだろうと考える。確かに、放映権や契約や移籍などの問題はあるが、アマチュアなら、部活動なら、事故や事件でもないかぎり、まず関係しないだろうと考える。

だが、この本は、そういう考え方もあるけれど、もう少し違う視点、つまりスポーツと法は似ているという大事なことを教えてくれます。

たとえば、スポーツにはルールがあり、審判がいる。法の場合も、法律があり、審判(裁判官)がいる。

スポーツと法は似ている。それが、この本の副題「スポーツから法を考える」という表現になるわけです。

この本の紹介文は、次号のBooks欄に掲載しますので、これ以上はのちほど。興味のある人は読んでください。「ジュニア新書」ですが、書かれていることは相当レベルが高いものです。(清家輝文)
本誌では、「基礎から学ぶ『スポーツと法』」という連載が始まり、最新号107号では、境田正樹弁護士に「ドーピング誤審事件の残した課題」という原稿を書いていただきました。

この連載と関係してくるのですが、岩波ジュニア新書(610)から『ルールはなぜあるのだろう―スポーツから法を考える』(大村淳志著、2008年12月)という興味深い本が出ました。
hon

まだ半分ちょっと読んだ段階ですが、「スポーツから法を考える」という副題がキーのようです。

スポーツをしている人は、まずルールブックを読んでから始めたわけではありません。多くの人は、ルールはやっているうちにわかってきます。法も同じようなところがあります。六法全書を読んでから社会に出るような人は特殊でしょう。憲法すら読んだことがなくても、日常困ることは少ない。

そんなわかりやすいことも含め、「ジュニア新書」ですから、難解になることなく、「父」と「子」のダイアローグで進められていきます。

明日には読み終わるでしょうから、また感想を書くことにしますが、スポーツと法は以前はそう深いつながりがあったわけではないと思いますが、近年はいろいろな法的問題がスポーツ界でも起こり、スポーツと法についてある程度の知識は必要になってきました。

そもそもスポーツと法の関係は?と考えるとき、この本はよい道しるべになりそうです。(清家輝文)
明日はアップできないので、その分をアップしておきます。

皆さんは病院にお見舞いに行くときに、何を持って行きますか?

入院されている方が何科に入院されているのか、年齢や性別にもよるかと思いますが、メジャーなのは食べ物が多いようです。今はアレルギーや世話の大変さから、お花はNGの病院も多いですね。

だいたい大部屋の場合はそのベッドごとにお見舞いの方がお菓子や果物を持ってくるので、面会が多い日は食べ物が山積みになることもあります。大概、「お部屋の皆さんで」となるので、配られたら、最初から断るのもコミュニケーションとしてはよくない気がするので、ありがたくいただきます。

病院の食事はカロリー計算されているので、それだけ食べていれば、痩せて退院するのも夢ではありません。しかし、生ものなどをもらった場合は、すぐに食べることになるので、リハビリもしていないときは、結構、食べ物の配給は患者同士つらくなってくることがあります。以前、入院したときに、1日にケーキが3つも一度に配給され、「どーするこれ」と患者同士で顔を見合わせてしまいました。

まあ、ありがたくいただくことになるのですが、身内など親しい間柄であれば、できれば面会に行かれる前に食べ物の確認をすることを、おすすめします。(田口)


NPO法人芸術家のくすり箱からセミナーの案内が届きましたので、掲載します。ダンサーなど芸術家のからだ、健康に関するセミナーです。


芸術家のくすり箱ヘルスケアセミナー 開催のご案内
 ―― 3月8日(日) 芸能花伝舎(東京都新宿区) ――

恒例となりました「芸術家のくすり箱ヘルスケアセミナー」も4回目の開催となります。
身体を酷使しながらも、そのカラダのケアに手がまわらず、そのことがパフォーマン
スの向上をさまたげたり、ケガや故障の原因となることが少なくない芸術家。
その実態を改善する第一歩として、芸術家を対象に開催しています。

基本的なカラダの仕組み(解剖学)を知る講座や、稽古とは違う動きや考え方で身体
のコンディショニングの方法を実践的に学ぶワークショップ、そして、健康管理の第
一歩である健康診断など、様々なアプローチによるヘルスケアを1日で受講できるこ
とも本セミナーの特徴です。

タイムテープルなど詳細はホームページをご参照ください。
 
今年の正月、スポーツは面白かったですね。箱根駅伝も盛り上がったし、ライスボウルも久しぶりに観たら、最後の最後までわからない展開でした。

まだこれから決勝を迎える大会もあります。母校の応援で気が気ではない人も多いことでしょう。

そのアメリカンフットボールも、既報のとおり、オンワードが廃部となり、退会届を出してしまったので、再出発しようとしても3部から始めないといけないとか。何か解せないところがあります。ライスボウルで同チームの選手がビラを配って、特段の配慮を訴えていたと伝えられています。もう少し早めにチーム・選手に伝え、その後どうするか考える余裕を与えておいてもよかったというか、そうすべきだったと思います。

アメリカンフットボールの大学選手権、甲子園ボウルもいきなり東西対抗ではなく、トーナメントになるとか。そのほうが盛り上がるだろうなと思います。昔から見てきた人には戸惑うところもあるでしょうが、フットボール人気が盛り上がるのであれば、そのほうがよいと言えます。

スポーツはなんのためにあるのかなどと考えると、かなりむずかしい議論になりますが、お正月の観戦は、ただ観ているだけで十分でしょう。

箱根駅伝は視聴率がよいと思いますが、その分、ほかに面白い番組が少ないということもあります。テレビ局も大きな過渡期を迎えています。

なるべくしてなっているのだと思います。スポーツ報道自体もまだ改善というか、もっとよくしていく方法はいくらでもあるのではないか。

ただ、現場で観るということも大切です。テレビのほうが観やすかったりしますが、現場の空気、雰囲気までは伝わらない。多くの人が現場に観に行くようになるとまた違ってくるでしょうね。

今月は、休刊月ですが、別の仕事をやっておく大事な時期でもあります。もちろん、今年一年の予定を組む時期でもありますが。

また、追っていろいろお伝えしていきましょう。(清家輝文)
みなさんも、入院の経験がある方はわかるかと思いますが、まず入院手続きをすると病棟に上がり、ナースステーションで最初の案内を受けます。
このときに部屋が決まります。

大部屋の場合はまず同室の方からの様々な質問が待ち構えています。どこが悪いのか、担当医は誰か。どのくらい入院する予定なのか。などが主なところです。だいたい抜釘くらいの簡単なものは、長く入院している人からすると、入院ストーリーとしては、あまり話が発展しないので、ちょっと申し訳ない感じです。
ひとしきり答えると、今度は同室の方々のことも聞いてあげるのが、数日でも共に生活する上では大事なポイントです。
どれだけ大変な怪我か、どうして怪我したのか、聞いてあげることが肝心で、ここらへんのコミュニケーションで、快適な入院生活が送れるかが違ってきます(笑)。

とくにスポーツ整形の患者さんが多い病院は若い人が多いので、気楽な面が多いですが、一般整形では年配の方が多いので、とくにコミュニケーションが大事になってくるわけです。

だいたい部屋に一人は世話好きなおばさんがいるもので、どの人がキーマンか知っておくと困ったときには頼りになります。

とはいえ、自分が手術前で動けるうちは、カーテンの開け閉めなどは積極的にやることが、肝心です。

いろいろと大変なこともありますが、様々な仕事をしている人とも知り合いになりますから、普段聞けない話もあり、面白いことも多いです。
(田口)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

実は私、現在、とある病院に新年早々、入院しております。ということで、携帯からのアクセスにチャレンジしてます。

入院と言っても、以前膝の靱帯を手術したときに入れたビスを取る抜釘という手術です。手術とは言えそんなに大変なものでなく、締め切りの合間をみて、抜くことにしたわけです。
なので、数日お休みをいただきますが、ヒマな入院生活ですので、ブログレポートできればと思ってます。

今回の入院生活は初めてではないのですが、ずいぶんとシステムが変わっています。病院によって異なっているかと思いますが、また紹介していきます。(田口久美子)
ここのところ考えていて、「これがいい!」と思いついたのが、「スポーツインターフェイス」という言葉です。

世の中には多くの問題があり、「スポーツ」はスポーツで「あるジャンル」として理解されていますが、スポーツがインターフェイスになり、さまざまなものを融合していくことは可能ではないか。そういう概念を「スポーツインターフェイス」と呼んでもいいのではないか。

なんで英語なの? と言われそうですが、そのへんは編集者のクセと考えてください。世界に通じる言葉になりうるのではないかという思いもあります。ひょっとしたら、あるいは「多分」、もうそんなことを考えている人がいるかもしれません。

いつの世も、スポーツによって歓喜、喚起がもたらされます。スポーツには世の中のすべてと言ってよいくらいの多くのものが関係しています。だから、スポーツに関わる人は、それだけ勉強しないといけないと感じてきました。

それをある意味、「スポーツメディスン」という広義の言葉で表現してきたのですが、「メディスン」が強い壁をもつ言葉で、なかなかその壁は崩れません。また、その意味でのスポーツメディスンとスポーツインターフェイスは、ダイナミズムの点でかなり違うところがあります。

健康でありたい(病気になりたくない)、美しくありたい(醜くなりたくない)。これは大多数の人の願い、思いではないでしょうか。

細かく定義、再定義していくと、ややこしいことがたくさん出てきますが、スポーツを介して多くのことがコミュニケート、交通可能であるのは確かでしょう。

21世紀におけるスポーツが、ビジネスの領域だけではなく、人類の生存全体に関わる行為であるというといいすぎでしょうか。そうではないと思います。いかが?(清家輝文)
本誌で連載していただいていた尾陰由美子さんから、下記3つのセミナーのお知らせが届きました。

①2月1日(日)東急スポーツオアシスのFITNESS 1DAY SESSIONが
 開催されます。詳細は、下記をご覧ください。
 http://www.sportsoasis.co.jp/member/info/session.html

②NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会では、
 1月からアクアエクササイズ養成コース&スキルアップ研修
 2月からさまざまなツールを使ったコンディショニング研修
 4月には、機能改善ヨガの養成コースが開催されます。
 詳細は、下記をご覧ください。
 http://www.ikinobi.org/

③2月21日(土)~2月22日(日)
 健康運動指導士登録更新講習会が、開催されます。
 富士ゼロックス総合教育研究所スペースアルファ神戸ANNEX
 問い合わせ 同上ウエルネスクラブ 電話078-981-8282(担当・中島、藤木、必ず「健康運動指導士登録更新講習会について」と言ってお問い合わせください)

先月12月のトータルアクセスは5586でした。うちユニークアクセスは3043。アメリカから53、都道府県は46で、あと1県は11月と同じ。ただし残りの1県の県名は異なります。

おかげさまで順調に伸びてきました。ありがとうございます。

今年はもう少し幅広く、また中身もさらによいものにしていきたいところです。

「こういうの掲載してくれませんか?」というものがあれば、どうぞ、右欄の「メールフォーム」からお寄せください。写真もOKです。

なお、田口は、しばらく留守にしますので、その間は私が日々がんばります。

年賀状、多数いただきました。ありがとうございます。この欄を借りて御礼申し上げます。

では、また明日。(清家輝文)
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

早速ですが、平成20年度 財団法人日本体育協会「公認アスレティックトレーナー研修会開催要項」を送っていただきました。下記に掲載させていただきます。

ただし、すでに申し込み受付は終了しているそうです。あしからず。

趣   旨 :
アスレティックトレーナーの役割は、スポーツ選手の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・障害の応急処置、アスレティックリハビリテーション及び体力トレーニング、コンディショニングと非常に多岐にわたり、選手・コーチ・スポーツドクターなどのスポーツ現場あるいは様々な団体からレベルの高いアスレティックトレーナーが必要とされている。
既に資格を取得した者であっても、真に社会的評価が得られるためには、常に最新の情報を得て自己研鑚を重ね、より一層の資質向上に努めることが不可欠である。
そこで、養成されたアスレティックトレーナーのより一層の資質向上と指導体制づくりを積極的に推進するため、公認アスレティックトレーナー研修会を開催する。

主   催 : 財団法人 日本体育協会
特別協賛 : 大塚製薬株式会社
期   日 : 平成21年1月10日(土)~11日(日) 2日間
場   所 : 岸記念体育会館地下3階講堂 他
〒150-8050 渋谷区神南1-1-1 TEL03-3481-2226
参 加 者 : 本会公認アスレティックトレーナー及び本会が認める者 200名

内   容 :
【1日目】
基調講演 : 「超一流選手を育てる勝負脳」
        講師:林 成之(日本大学大学院総合科学研究科)
講   演 : 「傷害予防プログラム」のコンセプトと世界の動向
        講師:小笠原 一生(国立スポーツ科学センター)
分 科 会 :「競技別傷害予防プログラム」
Ⅰ‐①傷害予防プログラム(鼠径部痛症候群)
          講師:野崎 信行(浦和レッドダイヤモンズ)
Ⅰ‐②傷害予防プログラム(女子サッカー)
          講師:太田原 裕幸(東京ヴェルディ)
Ⅱ‐①傷害予防プログラム(テニス)
          講師:岩本 紗由美(東洋大学)
Ⅱ‐②傷害予防プログラム(女子バスケットボール)
          講師:津田 清美
【2日目】
トピックス : ドーピングにかかわる諸問題と今後の動向(北京オリンピックを事例として)
       講師 : 浅川 伸(日本アンチ・ドーピング機構)
シンポジウム : 障害者スポーツへのアプローチ(北京パラリンピックを事例として)
コーディネーター : 小柳 好生(武庫川女子大学)
シンポジスト : 鈴木 徹 北京パラリンピック代表:走り高跳び)
: 石井 雅史 (北京パラリンピック代表:競輪)
: 臼井 二美男 (義肢装具士 鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター)