FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第35回日本骨折治療学会のご案内をいただきましたので、下記、掲載します。

■会期:平成21年7月3日(金), 4日(土)
■会場:パシフィコ横浜
■会長:別府 諸兄(聖マリアンナ医科大学整形外科教室 主任教授)
■テーマ: 骨折内固定法の進歩と限界
■プログラム:
国際シンポジウム:「骨折内固定法の進歩と限界」
シンポジウム:「後期研修医のための骨折治療 – Minimum Requirements- 」
招待講演(予定):Gilbert Taglang(France)
Jesse B. Jupiter(USA)
Jesse B. Jupiter(USA)
Norbert P. Haas (Germany)他
■演題募集:
主題および一般演題(口演, ポスター)を募集します。

主題:
1 股関節 DVT/PE
2 橈骨遠位端骨折
3 膝関節内骨折の治療法
4 リスフラン関節損傷
5 開放性骨折の軟部組織修復
6 舟状骨偽関節

詳細は学会ホームページをご覧ください。

■演題登録に関する問合せ先:
〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1弘済会館ビル ㈱コングレ内
第35回日本骨折治療学会運営事務局
Tel. 03-5216-5318 Fax 03-5216-5552
E-mail jsfr2009@congre.co.jp
スポンサーサイト



来月2月25日、東京工業大学すずかけ台キャンパス すずかけホール3階多目的ホールにて、「スポーツ講座2008(2回目)」が開催されます(主催・東京工業大学大学院社会理工学研究科、大学院総合理工学研究科)。

午後5時半から7時まで、陸上競技の朝原宣治元選手とわたしの対談形式になりますが、実際には、わたしが朝原さんに話を聞いていくという感じになります。

参加無料ですので、お近くの人はぜひお越し下さい。

テーマは「競技力とライフスキル」ですが、朝原さんの競技に対する姿勢や具体的な競技観など、興味深いところをどんどん聞いていく予定です。もちろん、ライフスキルについても語っていただきます。

何をどう聞くか、今考えているところですが、今から楽しみにしています。(清家輝文)
本の話が続いて恐縮だが、今読んでいる『ご冗談でしょう、ファインマンさん』(岩波現代文庫、上下2巻)が面白い。
本

著者はいわずと知れた、物理学者のリチャード・P・ファインマン。

その自叙伝というべきもの。小さいときからの数々のエピソードを楽しく語っている。やっぱり、すごい人はすごい子どもだったということがわかる。翻訳物だが、語り口がよく、どんどん読んでしまう。

物理学者だが、子どものときから「実験室」を家につくり、ラジオを直したり、ドアを開けたら部屋の照明がつく装置などをつくっている。顕微鏡でいろいろなものを観察したりもしていた。だからか、生物学にも興味を持ち、エンジニアのような仕事もし、アリの行動を調べたりと、この人の興味もありようや、そこで何を考え、どうしたかという話はとても面白い。

科学者のみならず、誰にでも楽しく読め、しかもヒントに満ち満ちた本。おすすめします。(清家輝文)