FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

「SSO野球共育塾in南東北」の案内が届きました。少し長いのですが、全文を掲載します。

 スポーツサポート機構(SSO:Sports Support Organization)は「日本のスポーツのあるべき姿をコーチ自らが考え、コーチの資質を向上させるとともに、スポーツ環境の整備に寄与し社会に貢献していく」ことを目的に自発的に集まった有志による任意団体です。野球共育塾はSSOの下部組織であり、野球に関わる方々が「共に学ぶ場」で、その特徴は職業や立場を超えて集う点にあります。また、野球現場と医療関係者とのネットワークづくりの場でもあり、この会で得た知識や人脈を活動に活かして頂くことが目的です。
 今回は「投手のつくりかた」をテーマに、投球フォームに焦点をあて整理していきます。投手の役割は試合をつくることで、そのためには投手としての心構えを身につけるとともに投球フォームの安定が必要です。また、投球フォームの安定には身体機能を高めるトレーニングが不可欠です。投手の育成には全体像を理解した上で部分であるトレーニングを考える必要があります。この講習会では指導者や専門職の方々が投手に対応する上で必要な知識をお示ししたいと思います。次の日から現場や臨床で生かすことのできる実践的な内容にしたいと思いますので、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

日時/2009年3月1日(日) 12:30 受付開始  13:00 講習開始
テーマ/ 投手のつくりかた-投球フォームのためのトレーニング-
内容
13:00~14:00 福家大「投手の心構えとトレーニング-投球フォームづくりの重点」
14:00~14:30 質疑応答、休憩
14:30~16:00 能勢康史「投手のトレーニング-投手に必要な身体機能とそのつくりかた」16:00~16:30 質疑応答、休憩
16:30~17:30 ディスカッション-参加者の質問やテーマに対する討論
18:00~19:00 懇親会

講師/福家 大(元JR東日本東北 投手、 仙台商業出身)
能勢康史(元王子製紙野球部コンディショニングコーチ、(有)プロサーブ代表)
主催/スポーツサポート機構野球事業部
会場/松田病院エバーホール(仙台市泉区実沢字立田屋敷17-1 Tel:022-378-5666)
対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)
会費/3,000円。当日会場にてお支払い下さい、学生も同額です。
申し込み/下記の事務局まで、メールにて「SSO南東北参加票」に記入の上お申し込み下さい。会の趣旨に賛同し会員登録(無料)を希望される方は「会員登録」に○をして下さい。会員になるとメールリストに登録され情報配信があり、会員限定の円卓勉強会に参加できます。当日参加も可能ですが会場準備などの都合上、できるだけ事前にお申し込み下さいますようお願い申します。

事前申し込み〆切/ 2月20日(金)午後6時までにお申し込み下さい。

事務局/山形東高等学校(町田純司) E-mail:j.machida@yamagatahigashi-h.ed.jp

追伸
 投球フォームとトレーニング」の観点から、講師への質問等がありましたら参加票に記載してください。参加者の着眼点を「投手のつくりかた」の知識を整理し構造化する切り口にして、講習後半のディスカッションにおける議論の柱立てにしたいと考えております。宜しくお願いします。
 懇親会は松田病院内の食堂で講師の先生を交えて行う予定です。今回もノンアルコールで準備したいと考えております。短い時間ではありますが、参加者相互の交流、親睦が深まればと考えております。参加費は1,000円とさせていただきます。
尚、今回は多くの方に集まって頂き、会の理念や活動を知って頂きたいと考えておりますので、興味がある方に是非声を掛けて頂き、様々な角度からアプローチできればと考えています。会員登録については当日の閉会行事後に判断していただいても結構ですのでお気軽にネットワークを広げてください。

スポンサーサイト



この公式ブログにどういう検索ワードでアクセスされたかというのもデータで出てくるのですが、そのなかに「膝蓋靭帯と膝蓋腱の違い」というのがありました。

前にも書いたのですが、以前は「膝蓋靭帯」と言うことが多かったのが、現在では「膝蓋腱」が日本整形外科学会用語委員会が採用する正式なものです。つまり両者は同じものということになります。

前号で特集にした「足底腱膜」も「足底筋膜」と呼んでいたことがありますね。解剖学用語は時代とともに少しずつ変化していきます。

こういう用語もなかなか厄介ですが、その他いろいろなご質問も右欄の「メールフォーム」からお寄せください。編集部でわかるものはすぐにお答えし、わからないものはどなたかに聞いてからお答えするようにしますので。(清家輝文)
日本体育協会公認アスレティックトレーナー研修会に行ってきました。プログラムは前に掲載したとおりです。

200人定員のところ240人ほど集まったそうで、地下3階の講堂は満員でした。

傷害予防がテーマの講演と分科会があり、なるほどねと思ったのは、近頃やけに「体幹」や「股関節」が話題になりますが、傷害予防に関係している点もあるということ。

体幹と股関節について、このへんでじっくり考えてみようかと思いました。「なぜ?」というところから入っていかないと、「流行っているから」では情けない。

講師の先生が、プログラムの内容について、「あくまで方法」と断り、もっとよいものがあるだろうから、自分で考えてというニュアンスで受け止めた。

誰かが考えた「方法」は、自分にもよいかどうかはわからない。最初はマネでやってみてだんだん自分のやり方になっていくのではないだろうか。

とはいえ、「傷害予防プログラム」は始まったばかりなので、同一プログラムを多数実施することで、見えてくるものがある。それはまた別の問題。

新しいところでは、野崎信行さんが、「鼠径部痛症候群」の予防プログラムDVDを紹介されました。

この日のことについては、次号の巻頭記事にする予定です。(清家輝文)