FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

大変好評をいただいています連載「スポーツに役立てる超音波画像診断」の108号は、木島泰明先生・秋田大学整形外科と皆川先生による「肩関節のスポーツ傷害」です。

肩関節脱臼、小結節裂離骨折、投球障害肩という3点で詳しく解説していただきます。

また次回は、「国立病院機構徳島病院整形外科の鈴江直人先生に、野球肘で生じる内側障害(AOL損傷)、外側障害(OCD)、後方障害(肘頭偽関節など)描出のコツ、さらに特徴的画像所見とその解釈について解説していただく」ことになっています。

重要な原稿ばかりです。お見逃しなきように。(清家輝文)
スポンサーサイト



先日、日本体育協会や競技団体が入っている岸記念体育会館に行ったとき、写真のような自動販売機があった。
P1000022.jpg

これは、あのSOYJOYの自動販売機。8種類が並べられている。こういうのを見たのは初めて。とくにどうということはないのですが、「へえ、こんなものがあるのか」とちょっと感心したので。

軽いネタですみません。(清家輝文)