FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、無事に退院しました。
不在中は、連絡が滞り、ご迷惑をおかけしたみなさん。
どうもすみませんでした。

退院後、そのまま仕事復帰しましたが、まだ片松葉のため、結構不自由も多いですね。
手術のたびにそう思っておりましたが、とにかく、歩くのがもどかしい。
時間がかかって、自分でもじれったくなります。
階段の上り下りも結構不便です。
上るよりも、下りのほうが大変なんですよ。
駅のエスカレーターも上りしかついていないところも多いのですが、
膝の悪い人にとっては、下りのほうが、実は大変なんです。
もちろん上りも下りも利用できるのが一番ですが・・・。

それから、膝の伸展屈曲が十分でないと、トイレに入るのも一苦労です。
もちろん洋式でないと利用できませんが、意外と便器とドアの間隔が狭い
トイレが多いですね。
我が家のトイレも、まず膝を90度まで屈曲できないと、トイレの中には納まりません。

日常なにげなく行っている動作も、たった1箇所不具合があるだけで、
不自由になります。

しばらくは、可動域訓練と筋トレが必要となるかと思いますが、
ぼちぼちやっていきたいと思います。

というわけで、今年もよろしくお願いします。(田口久美子)

関節鏡 
写真は、関節鏡で撮影していただいた私の膝の中の小宇宙。なかなか自分の膝の中を見れる機会はそう多くないので、数十枚画像をいただきましたが、結構感動ものです。
スポンサーサイト