FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』という本が出ています(幻冬舎新書、山本ケイイチ著)。
筋トレ


著者はパーソナルトレーナーでクライアントには成功したビジネスマンも多いとか。そういうクライアントを指導していて感じたことが、書名に表れている。

要は、トレーニングが継続できる人はビジネス同様、目標や期限をはっきりさせ、トレーニングの意味を知り、継続できる仕組みをつくり、実行に移していく人で、トレーニングには精神的効果も多数あり、積極的になる、集中力が高まる、精神的にタフになるなど、ビジネス面でプラスに働く要素が多いという。

かつてスポーツをしていた人は、仕事をするようになって、不摂生が続き、以前のようなからだでないことに後ろめたさを感じているとも。確かに、確かに。

書かれていることはみなもっともなことで、軽く読める割にけっこう影響力がある本。筋トレはけっこうやっているほうだが、なるほど、そういう面もあるなと思う。気になる人は、読んでみてください。(清家輝文)
スポンサーサイト