FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

108号の特集は、「体幹と股関節―その関係と連動性」(仮題)で進めています。

コーチ、選手、トレーナー、スポーツ科学者、理学療法士など6名くらいの方々に取材の予定。

「体幹」「コア」はよく出てくる言葉になり、本や記事も多数あります。この特集では、「体幹」あるいは「コア」に焦点を当てるというより、むしろ「体幹と股関節」の関係や連動性に着目してみたいと考えています。

体幹と下肢、あるいは体幹と上肢、あるいは体幹と上下肢といったように、そのつながりというか連動をどう考えるか、そしてどういう動きを導くかということが、パフォーマンス発揮、向上、そして外傷予防にも深く関係しているだろうという発想からの特集です。

来週が取材の山場になります。ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト