FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今日、国立スポーツ科学センター(JISS)で、小笠原一生先生に取材。ご自身がハンドボールで前十字靭帯損傷を三度経験されている。その経験から、ACL損傷の予防について研究されてこられた。

その過程で、体幹と股関節のコントロールがいかに重要かに着目、データをとり、実証されてきた。今回の取材はそういう内容。

体幹、コアについて「筋力強化」の方法が盛んに示されているが、それも大事とはいえ、なぜ大事なのか、また体幹と四肢の関係をどう捉え、そこからどういう運動(エクササイズ)につなげるかのほうがもっと大事ではないだろうか。

今回の特集、これだけでなく、さらに多くの視点を提供していきたい。(清家輝文)
スポンサーサイト