FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


今日、国立スポーツ科学センター(JISS)で、小笠原一生先生に取材。ご自身がハンドボールで前十字靭帯損傷を三度経験されている。その経験から、ACL損傷の予防について研究されてこられた。

その過程で、体幹と股関節のコントロールがいかに重要かに着目、データをとり、実証されてきた。今回の取材はそういう内容。

体幹、コアについて「筋力強化」の方法が盛んに示されているが、それも大事とはいえ、なぜ大事なのか、また体幹と四肢の関係をどう捉え、そこからどういう運動(エクササイズ)につなげるかのほうがもっと大事ではないだろうか。

今回の特集、これだけでなく、さらに多くの視点を提供していきたい。(清家輝文)
スポンサーサイト