FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


SSO野球共育塾in北東北勉強会のご案内が届きましたので、ご紹介します。

 スポーツサポート機構(SSO:Sports Support Organization)は「日本のスポーツのあるべき姿をコーチ自らが考え、コーチの資質を向上させるとともに、スポーツ環境の整備に寄与し社会に貢献していく」ことを目的に自発的に集まった有志による任意団体です。スポーツサポート機構野球塾はSSOの下部組織であり、野球に関わる方々の「学ぶ場」で、その特徴は職業や立場を超えて集う点にあります。また、野球現場と医療関係者とのネットワークづくりの場でもあり、この会で得た知識や人脈を活動に活かして頂くことが目的です。

 今回のセミナーは野球に関わる方々を対象として、テーマを「チームづくりと選手育成」とし、チームづくりの哲学と選手育成について整理したいと思います。勝つチームをつくりには根となる哲学が必要であり、その基本は人づくりです。人づくりとは何か、人づくりを勝つことにつなげる考えについて整理します。現場での選手育成に活かせる内容にしますので、皆様の参加をお待ちしております。(能勢康史:SSO野球塾代表)

日時/2009年2月7(土) 
    受付開始15:30 講習開始16:00

内容/『勝つためのチームづくりー成功する人材は何をみているか』
   上記のテーマで約1時間講義をし、以降参加者からの技術やトレーニングなどに関する質問にお答えします。皆様の質問をお待ちしています。

講師/能勢康史(野球コンディショニングコーチ、(有)プロサーブ代表)

主催/スポーツサポート機構野球事業部

会場/さくらホール(岩手県北上市さくら通り二丁目1番1号  TEL.0197-61-3300)

対象/野球の指導者・トレーナー、医療従事者、その他興味のある方(他競技も可)

会費/会費は以下の2通りです。当日会場にてお支払い下さい、学生も同額です。

    ①無 料:前回の北東北の講習会(金沢監督の講義)に参加され会員登録された方
    ②3,000円:上記以外の方。この方は今年の会員とします。

申し込み方法/下記の事務局まで、メールにて「SSO野球共育塾勉強会参加希望」とし、名前、所属(チーム・学校名など)、立場(監督・PTなど)、連絡先電話番号、メールアドレスを記入の上ご予約下さい。当日参加も可能ですが会場準備などの都合上、できるだけ事前にお申し込み頂けると幸いです。

申し込み締切/2月5日(木)、午後6時までにお申し込み下さい。

事務局/斎藤整形外科(担当/小菅智美)
E-mail:tkkosuga@amber.plala.or.jp
FAX:0197-66-2888

今回の勉強会では、当会を推進している佐々木洋さん率いる花巻東高校野球部が選抜大会への出場を決め、当日の会にて、甲子園への道のりのお話しを頂ければと予定されているそうです。また、懇親会では佐々木監督の壮行会も兼ねて行う予定ということで、野球関係者のみならず、コーチングに興味のある方も是非ご参加いただければと思います。(田口久美子)
スポンサーサイト