FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

使わなくなったグラブなどを世界の子どもに贈ろうというプロジェクトだそうです。
詳しくは、このサイトをご覧ください。

『ファースト・グラブ・プロジェクト』スタートのご案内
~日本発。野球の世界的発展をめざす夢のプロジェクト~

有限会社ブルックリン・ハイツ(所在地:東京都港区、代表者:高野 雅嗣)は、
このたび『ファースト・グラブ・プロジェクト』をスタートしたことをご案内
いたします。
このプロジェクトの目的は、国内の野球少年から、小さくなって使わなくなっ
たグラブ等の野球道具を集めて世界中のこどもたちに贈り、野球をはじめるき
っかけを与えることで、野球の世界的発展を目指します。併せて、プロ野球選
手の賛同のもと、日本国内のこどもたちに新しいグラブを贈る企画を行い、日
本の野球文化の発展にも貢献いたします。

スポンサーサイト