FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

使わなくなったグラブなどを世界の子どもに贈ろうというプロジェクトだそうです。
詳しくは、このサイトをご覧ください。

『ファースト・グラブ・プロジェクト』スタートのご案内
~日本発。野球の世界的発展をめざす夢のプロジェクト~

有限会社ブルックリン・ハイツ(所在地:東京都港区、代表者:高野 雅嗣)は、
このたび『ファースト・グラブ・プロジェクト』をスタートしたことをご案内
いたします。
このプロジェクトの目的は、国内の野球少年から、小さくなって使わなくなっ
たグラブ等の野球道具を集めて世界中のこどもたちに贈り、野球をはじめるき
っかけを与えることで、野球の世界的発展を目指します。併せて、プロ野球選
手の賛同のもと、日本国内のこどもたちに新しいグラブを贈る企画を行い、日
本の野球文化の発展にも貢献いたします。

スポンサーサイト