FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、第1回日本スポーツメネジメント学会に行ってきました。
学会は昨日と今日、開催されておりますが、私は昨日だけの参加となりました。

冷たい雨が降りしきるなかでしたが、大勢の方が参加されていました。

スポーツマネジメント学会


来賓講演、基調講演と続き、最後にシンポジウムⅠとして「スポーツマネジメント教育の現状と課題」というタイトルで行われましたが、スポーツマネジメント教育の日本の実状を調査した結果を提示し、スポーツ体育系大学で行われているスポーツマネジメント教育と経済・経営・ビジネス系大学でのスポーツマネジメント教育を紹介し、日本の現状を紹介した内容は非常に興味深いものでした。
引き続き行われたフロアーを交えた討論では、就職の問題や指導教官の問題など、さまざまな問題も浮き彫りにされるなか、今後の日本でのスポーツマネジメントのあり方など活発な議論がなされました。

この内容について、本誌にて紹介する予定ですので、興味のある方は是非そちらをご覧下さい。
(田口久美子)
スポンサーサイト



大阪、徳島、神戸、名古屋と回ってきました。

大阪ではアスリートのためのライフスキルプログラムの件で会議、徳島では今回の「体幹と股関節」に関して、徳島大学の荒木秀夫先生に取材、神戸、名古屋はまた別の用件。

帰ってきてすぐ印刷物2点を校了し、ある会の会議へ。そこまでは順調だったのですが、そこから急激に体調が悪化し、今朝までダウン。やっと回復してきました。

きのうの取材は欠席、夜の某会も欠席となりました。残念でした。とても面白い講義だったのに…。

今日は、ゆっくり仕事を片付けながら英気を養っているところです。明日も取材が入っていて、日曜だからと休めないのですが、明日の取材も面白そうです。

時々はちゃんと休みなさいということでしょう。みなさんもお気をつけて!(清家輝文)