FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、渋谷のホテルで、(株)日立メディコの超音波診断装置の上位機種Preirus(プレイラス)の発表会と講演会が開かれた。

画像がより鮮明になり、操作性も格段に上がった。「すべてを一新」、つまり画質、操作性、デザイン、性能が一新されたが、それには日立グループの総力を挙げたというほどの力の入れようである。

写真は当日Preirus本体も登場、3画面を使ってのプレゼンテーションのヒトコマ。
Preirus.jpg

Preirusの詳細は同社のサイトで見ることができるので、ご参照ください。

「次世代のプレミアム超音波装置」とうたわれる製品。また超音波画像診断の世界が広がることだろう。

この装置については、次号でも紹介します。(清家輝文)
スポンサーサイト



1月のアクセス総数は、6018でした。ありがとうございます。うち、ユニークアクセスは3326。これまでで第2位の記録でした。

3326人のうち、これまで50回以上アクセスしてこられた方は765人になります。「米国営利組織」からは112と、これも100を超えました。これは過去最高です。都道府県も47すべてになりました。

ちなみに、都道府県では、多い順に東京、大阪、茨城、神奈川、埼玉、福岡、千葉、兵庫、北海道、愛知でした。

初めてアクセスしてこられた方は1649人。

現在、月約3000人にご覧いただいていますが、その数も徐々に増えています。月1万人になる日を楽しみにしています。

さまざまな団体、企業の方、ご遠慮なく、掲載を希望されるニュースや情報をお寄せください。右欄の「メールフォーム」から送っていただければすぐに掲載します。掲載料は不要です。いただいた内容は若干変更することがありますので、あらかじめご了承ください。

では、今月もよろしくお願いします。(清家輝文)