FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


退院後、仕事に復帰はしているものの、松葉杖が取れず、日々リハビリです。
患側には体重をかけ、少しずつ歩行らしきものに近づいていますが、可動域がなかなか戻らないので、まだ両松葉杖なわけなのです。

屈曲がある程度曲がってこないと、階段を1段ずつ上がろうと思っても、つま先がトンと階段の縁にぶつかってしまい上がれず、また階段にやっと乗せられたとしても筋力が劣っているので、自分の身体を引き上げることができないという現象が起こります。
また伸展も歩行には重要で、ある程度の伸展ができないと足の裏でしっかりけりだして歩行することができず、もちろん脚の左右差も生まれますから、必然とからだのバランスが崩れてきます。

私の膝の悪さは20年もので、たぶん私の身体は、本人の知らないうちに、どうやら“左膝が悪いので、左側を極力使わようにしよう!”と体内満場一致で決めたようで、リハビリの先生曰く、左脚の筋力どころか、体幹にしても左側の筋肉がほとんど使われていないし、左側のからだの動きもあまりよく動いていないとのこと。
往年のアスリートはどこに行ってしまったのでしょう……(泣)。

とにかく、根本から身体のバランスを組み立て直さないといけないということで、日々リハビリの先生が悪戦苦闘してくれているわけです
今まで、コアが大事とか、動きがどうだとか、本誌でも何度も取り上げてきましたが、灯台もと暗しとはよく言ったものです。

さて、この写真は、病院の帰りにいつも通る道ですが、フッと電信柱のやや上方気なくを見ると、AEDの看板がありました。AED.jpgどうやら、AEDが必要な場合に、看板にあるQRコードを携帯でアクセスすると、中野区内のAEDの設置場所が表示されるというもののようです。

みなさんのお住まいの地域にも、あるシステムなのでしょうか?
正直なところ、何度も通っている道にもかかわらず、今まで気がつきませんでした、私。(^_^;)
(この電信柱以外はあまり同様の看板をみることができず……)

こういった情報は、もしものときのために、とっても大事な情報だと思いますので、やはりもうちょっと目につきやすいように、要所要所の電信柱に設置されるといいと思うのですが……。
みなさんは気がついていましたか?

とは言え、なんだかこの電信柱が、とてもありがたく感じたわけです。
(田口久美子)
スポンサーサイト



このブログの9月29日に紹介した運動器健康寿命延伸体操、「ロコモン体操」の動画がアップされています。関心のある方はこのサイトをご覧ください。

上記のサイトは、メディカルフィットネス研究所のホームページです。取材した9月27日の「股関節市民フォーラム」で発表されたロコモン体操のその模様がそのまま動画でみることができます。(清家輝文)
きのうのアクセスはすごかった。とはいっても、このブログの範囲ですが、1日のアクセス数は過去最高に。こういう感じが続くと、初期の目標は軽くクリアしてしまいます。嬉しいことですが、なんでだろう?と素直に不思議がっています。

きのう某社のI氏が来社。転職され、その社の商品について説明にこられた。海外では主にスポーツ医学の分野で使われてきたもので、日本でも形成外科領域ではすでに長く使用されてきたが、やはり本来のスポーツ医学で使っていただきたいということで、セミナーやワークショップなどを展開、これから広めていこうという段階だそうだ。

今月そのセミナーがあるので、休日ですが、参加してきます。腰痛にもよいというので、「モデル」というか「体験者」にもなってこようかと思っています。詳しいことはまた取材後紹介します。

さて、どんどん原稿も集まり、録音したものもたまってきました。16日入稿、がんばらないと間に合いません。

そうそう、きのう某大学の学生さん2名が来社。インターンシップで今月10日間ずつ編集部に在籍します。ここのところ毎年インターンシップで学生さんに接します。「編集」について、基礎的なことを学んでいただき、実際に経験してもらい、取材にも同行してもらいます。わずか10日とはいえ、若いときの経験ですから、きっと意味あるものになっていると思うのですが…。編集者になるわけではなくとも、編集はだれでも日常的に行っていること。将来ちょっとでも何かの役に立てばそれでいい。

若い人と話すのはけっこう楽しいものです。もうみんな「平成生まれ」なんですよ! トシをとるはずです。(清家輝文)