FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


以下のセミナーおよびスタッフ募集の案内をお送りいただきましたので、ご紹介させていただきます。

特定保健指導情報交換会

主催:医療法人社団健生会 ム・ウ21あざみ野

協賛:NPO法人 日本運動療法推進機構

平成20年4月より始まった『特定健診・保健指導』.現在行っている機関や今後実施を検討している機関に於いては悩みも尽きないと思います。
今回開催する情報交換会はそれぞれの立場で課題や問題解決のヒントにしていただければと考え、テーブルを囲んで皆様が話しの出来るような会として進めたいと考えております。
お気軽にご参加くださいますよう宜しくお願い申し上げます。


日時/2009年3月20日(祝)、10:30~12:30(受付10:00より)

会場/メディカル&ウエルネスクラブ ム・ウ21あざみ野
(交通機関:東急田園都市線・市営地下線「あざみ野駅」下車徒歩15分)

参 加 費/1)会員1,000円(日本運動療法推進機構)、2)一般2,000円
*当日受付にてお支払い下さい

参加定員/20名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

内容/最初にム・ウ21あざみ野の特定保健指導実施までの流れと現状についてお話させて頂きます。その後は参加の皆様から現状や問題点などを特定保健指導に関する意見を頂く予定です。

申込方法/参加される方の氏名・所属・職種・連絡先(電話・メールアドレス)をメール又はFAXにて下記まで送付して下さい。

申し込み・お問い合わせ/医療法人社団健生会ム・ウ21あざみ野
〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野4-2-4 ム・ウ21ビル
e-mail:kensei@ne.catv.ne.jp
電話 :045-902-2136  FAX:045-902-9770
担当:山田・湯井(ゆい)


スタッフ募集

医療機関併設の疾病予防施設です。
生活習慣病・整形疾患をお持ちの方の運動療法を行っています。
指導経験のある方はもちろん,興味のある方の御連絡をお待ちしております。

職種/トレーナー

雇用形態/アルバイト

条件/週2~3回勤務できる方,遅番(12:30~21:30)勤務できる方歓迎

応募方法/電話連絡後,履歴書(写真貼)をご持参下さい.随時面接いたします。

問い合せ先/医療法人社団 健生会 メディカル&ウエルネスクラブ ム・ウ21あざみ野
〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野4-2-4 ム・ウ21ビル 3階
電話 045-902-2136
担当:山田・湯井(ゆい)


スポンサーサイト



以前にもちょっとお知らせいたしましたが、明日から日本体育大学女子短期大学1年生のインターン実習が始まります。

短大1年生2名を受け入れ、2月を前半と後半に分け、約10日間ずつ実習に来ます。
セミナーや取材などにも同行してもらい、少しでも、今後、社会に出たときの参考になればと思っています。

それにともない、このブログでも「インターン日記」なる項目を設け、日々感じたことなど、書いていってもらうことになっています。

平成生まれの短大生が、どんなことに興味があり、どう考えているのか、ちょっと興味があるところです。

明日から、さっそくブログもスタートです。

みなさんよろしくお願いします。(田口久美子)
標記勉強会の案内が届きました。無料ですが要予約です。

開催日:平成21年2月25日(水)
時間:18:30~20:00まで
会場:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-1 エスポートミズノ 8F
●内容
2004年から続いているアスリートのキャリアを考える勉強会。現役中に何を考えると完全燃焼ができるか、引退時には何を考えると次のキャリアを見つけられるか、引退後はどんな心理問題を抱えるか、など、ソウル五輪シンクロデュエット銅メダリストで現在はメンタルトレーナーの田中ウルヴェ京と元JリーガーでJリーグ勤務の重野弘三郎が共同主宰し、毎回様々なゲストを呼んで参加者とともに考えていく勉強会です。詳細はこのサイト参照。
講師:ゲスト・小川みどり氏
ナビゲータ:田中ウルヴェ京、重野弘三郎
・受講料:無料
・要予約。
・定員:40名
・申し込み先(問い合わせ先)
株式会社MJコンテス
アスリートのためのキャリア・トランジション勉強会事務局
TEL:03-3447-2890
FAX:03-3447-2893
メールアドレス:info@careertransition-japan.org
ウェブサイトアドレス:http://careertransition-japan.org/index.html



ニュースリリースが届きました。競輪学校の生徒募集案内です。以下、リリースを掲載します。

一般試験は3月4日まで、特別試験は4月15日まで受付中。

日本競輪学校(静岡県伊豆市)は、「第99回生徒募集」を行います。
「今年4月1日現在で17歳以上の男子」などの条件を満たす75人を一般試験で募集します。そのほかに、国際大会等で優秀な成績を残した選手らを対象とした特別試験も実施します。

日本が生んだ世界のスポーツKEIRIN。次のメダリストを目指すチャンスです。
日本で生まれて発展してきた「競輪」。国際種目に採用され、世界選手権はもちろん、オリンピックでも「ケイリン」として、今やスプリントをしのぐ超人気種目となりました。
昨年の北京オリンピックで永井清史選手が悲願の「銅メダル獲得」の快挙を達成しました。
その永井選手も卒業した「日本競輪学校」が、次世代のメダリスト候補を募集します。

■入試の方法
競輪学校に入学するためには、一般入試と特別選抜試験の2つの方法があります。
【一般試験】募集75名(技能60名+適性15名)
・技能試験/自転車の競技経験者が対象で、自転車の200m、1,000m独走等による試験。
・適性試験/自転車の競技経験がない者が対象で、運動能力測定による試験。
【特別選抜試験】募集若干名
・特別選抜試験/オリンピックを始めとする国際競技大会等で、一定の成績を収めた者が対象。
・世界自転車競技センター(WCC)におけるトラック競技のトレーニングに6ケ月以上参加した者などが対象。

応募は一般試験が3月4日まで、特別試験は4月15日までとなります。
詳しい応募資格、試験期日等につきまして、ホームページ又は「競輪学校」で検索してください。「日本競輪学校第99回生徒入学試験募集要項」がご覧いただけます。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本競輪学校
担当:管理チーム
電話:0558-79-0111