FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日は、特集の取材をひとつ終えて、その後夜6時から、明治記念館に行き、玉利齊氏の旭日双光章受章のお祝いの会に出席しました。300人近い人が集まり、たいへんな盛況ぶりでした。

玉利氏は、(社)日本ボディビル連盟会長、(財)日本健康スポーツ連盟理事長など、要職を多数兼務されてきた。そのスポーツ振興への業績をたたえての慶事ということである。

発起人も錚々たる顔ぶれで、代表は森喜朗元総理、現(財)日本体育協会会長。竹田恆和JOC会長、橋本聖子外務副大臣なども発起人として列席され、華やいだ雰囲気であった。

50年前の日本のスポーツ界の模様も知ることができたが、わずか50年であっても、日本は大きく変化したのがわかる。現在に至るまで多くの人が尽力されてきたのもよくわかった。(清家輝文)

写真は、会の冒頭、発起人を代表して挨拶される森氏(右に玉利ご夫妻)
tamari.jpg


スポンサーサイト