FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日は、特集の取材をひとつ終えて、その後夜6時から、明治記念館に行き、玉利齊氏の旭日双光章受章のお祝いの会に出席しました。300人近い人が集まり、たいへんな盛況ぶりでした。

玉利氏は、(社)日本ボディビル連盟会長、(財)日本健康スポーツ連盟理事長など、要職を多数兼務されてきた。そのスポーツ振興への業績をたたえての慶事ということである。

発起人も錚々たる顔ぶれで、代表は森喜朗元総理、現(財)日本体育協会会長。竹田恆和JOC会長、橋本聖子外務副大臣なども発起人として列席され、華やいだ雰囲気であった。

50年前の日本のスポーツ界の模様も知ることができたが、わずか50年であっても、日本は大きく変化したのがわかる。現在に至るまで多くの人が尽力されてきたのもよくわかった。(清家輝文)

写真は、会の冒頭、発起人を代表して挨拶される森氏(右に玉利ご夫妻)
tamari.jpg


スポンサーサイト