FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


2004年3月に日本女子大学、日本体育大学、国士舘大学の三大学院で開催され、本年度で第6回を迎えることになった「体育・スポーツ科学関連三大学院合同研究会」。今回のテーマは「体育・スポーツ科学の未来」で、下記のように開催されます。

開 催 要 項
【日時】2009年3月8日(日) ※修了後16:00~懇親会
【場所】国士舘大学多摩キャンパス
    〒206-8515 東京都多摩市永山7-3-1
【実施内容及びタイムスケジュール】
9:00-9:45 受付
9:45-10:00 開会挨拶(国士舘大学学長 若林 克彦)
      開催趣旨(国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科 委員長 角田 直也)
10:00-11:30 特別講演
      「体育・スポーツ科学の未来」
      国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科 客員教授 片岡 暁夫
11:30-13:00 企業プレゼンテーション ※昼食を用意
13:00-15:00 一般研究発表
1) 競技スポーツ科学の未来
2) スポーツ・身体文化・教育の未来
3) 健康スポーツ運動科学の未来
15:00-15:15 講評
日本体育大学大学院研究科長 高橋 健夫
日本女子体育大学大学院研究科長 畑 攻
閉会挨拶
16:00-17:30 懇親会

●お問合せ先:第6回体育・スポーツ科学関連三大学院合同研究会 事務局
〒206-8515 東京都多摩市永山7-3-1
国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科
TEL:042-339-7208  FAX:042-339-7208
E-mail:sgtanaka@kokushikan.ac.jp


スポンサーサイト



標記の案内が届きましたので、掲載します。講師は、ダイナミックスポーツ医学研究所の土井さんです。

【内容】セーフティーウォーキングとは、元気に・無理なく・美しく歩く為のコンディションプログラムです。歩行障害を防ぎ歩行寿命を延ばす為の、身体に優しいウォーキングフォームをはじめ、しっかり歩く為の筋トレ・ストレッチをご紹介します。
【日時】3月8日(日)14:00~16:30
【会場】ウイングス京都地下1階(京都市中京区)
【講師】土井龍雄(貴島会ダイナミックスポーツ医学研究所副所長)
【対象】運動指導に携わる方
【受講料】初回登録料1000円 勉強会参加費3000円
【定員】30名
【申込・問合せ】Ftness Leader's 倶楽部
 ホームページ
 FAX 075-468-3269
 Mail core20060629@yahoo.co.jp
今月の25日、午後5時30分から7時まで、東京工業大学(すずかけ台キャンパス)で朝原宣治さんと「スポーツ講座」をやります。もっぱら私は聞き役になりますが、タイミングよくというか、標記の書が幻冬舎新書から出ました(777円)。
朝原本

帯には「衰えないカラダの作り方。36歳でメダルを手にし、日本最速のまま引退した男が明かすトレーニングの秘密」とある。

しかし、この本は健康づくりやトレーニングのハウツーものではありません。朝原宣治選手というアスリートはこう感じ、考え、実行してきたという話と思ったほうが素直に読めます。

最初は、北京オリンピックで予選を通過したあとの重圧の話から始まります。私も陸上をやっていたので、ここのところは心拍数も上がり、ドキドキしながら読みました。こっちもしんどいくらい。

36歳というと、一般的にはもう中年とされ、まさか100メートルを10秒そこそこで走るとは誰も思わない。でも、朝原さんはそれをやりとげ、最後はオリンピックでメダルを獲得というところまでいきました。
すごい。トラックでは80年ぶりのメダル。

この本を読むと2月25日、何を聞こうかと、またちょっと考えてしまいました。多くのことが語られているので、さらに何を聞けばよいのかと。

ま、でも当日まで何を聞くかはヒミツにしておきましょう。きっと、とても面白い話が聞けると思いますよ。

時間の都合のつく方はぜひご来場ください。参加は無料です。最寄駅は東急田園都市線「すずかけ台」。

詳細は、ここで見ることができます。(清家輝文)